定年退職後について

定年後も働く人の場合(在職老齢年金)

・スポンサードリンク

定年退職後で60歳以降で年金を貰ってる人が働く場合は、60歳以降も収入があるので、年金額を多少減らしてもらう事になっています。この場合の年金を在職老齢年金といいます。



【年金額が減額される人(在職老齢年金の適用者)】

60歳以降で、働いている人であり、厚生年金の被保険者として保険料を払っている人で、年金を貰っている人が減額の対象になります。
減額される金額は、働いてもらっている給料によりかわります。

・60歳以上で厚生年金に加入している人のみ
・パートやアルバイトで働く人は、対象外



【減額されない場合】

 ・5人未満の個人事業所で厚生年金に加入していない会社
 ・公務員として働くと共済年金の加入になり、厚生年金に加入しないので
 ・社会保険が適用されないパートやアルバイト



【60歳を超えて働く】
       ↓  ↓
       ↓  厚生年金に加入しない
       ↓   ↓
       ↓ 年金額は減額されない
       ↓
     厚生年金に加入
 ↓
     給料 + ボーナス + 年金 = の月額の合計が
 ↓           ↓
     月額28万円を超える  月額28万円以下
  ↓             ↓
在職老齢年金が適用される  年金額は減額されない
  ↓
     年金が減額される



【減額の計算】
     
    年齢は?
     ↓
     ↓→ → → → → →
     ↓           ↓
   60〜65歳未満  65歳以上
     ↓           ↓
     ↓          *2
     ↓
 月額の給料 + (年間ボーナス額÷12ヶ月) + 月額の年金 = の月額の合計が      ↓             ↓
 28万円超〜48万円以下 48万円を超える
     ↓          ↓
     ↓          *1
     ↓
    ↓→ → → → → → → →
    ↓               ↓
 年金額が28万円以下     年金額が28万円を超える
    ↓               ↓
 (月額の給料           月額の給料
+ (年間ボーナス額÷12ヶ月) + (年間ボーナス額÷12ヶ月)
+ 月額の年金           × 1/2
−28万円)            = 減額する金額
× 1/2
=減額する金額


  *1
  ↓
  ↓→ → → → → → → → →   
  ↓                 ↓
年金額が28万円以下  年金額が28万円を超える
  ↓                 ↓
【(48万円        (48万円
 + 月額の年金           × 1/2)
 −28万円)           +【月額の給料
 × 1/2 】           + (年間ボーナス額÷12ヶ月)
 +【月額の給料          −48万円】
 + (年間ボーナス額÷12ヶ月)   =減額する金額
 −48万円】
 =減額する金額


  *2
  ↓
  ↓→ → → → → → → →
  ↓                ↓
 70歳未満            70歳以上
  ↓                ↓
  ↓            平成19年から70歳未満と同じになる
  ↓
月額の給料 +(年間ボーナス額÷12ヶ月)+ 月額の年金(*3)= の月額の合計が
  ↓              ↓
  ↓              ↓
48万円超         48万円以下
  ↓              ↓
48万円を超えた部分の     減額無し
1/2 が 減額


(*3)
老齢厚生年金のみ
(老齢基礎年金、加給年金額は含まない)

*70歳以上で働いている人は、厚生年金の保険料の支払いは無くなる。

*老齢基礎年金を65歳以前から繰上受給を受けている人は、
  減額の対象にはならない。
(昭和16年4月2日以降生まれの場合)

*老齢基礎年金で全額繰上げ、一部繰上げの場合は、減額対象外
 厚生年金に加入した事のない人は、関係ないです。

2006年06月28日 00:15