定年退職後について

ここでは、定年退職後の「定年退職後に働く人」、「資金計画」について説明しています。

定年後も働く人の場合(在職老齢年金)

定年退職後で60歳以降で年金を貰ってる人が働く場合は、60歳以降も収入があるので、年金額を多少減らしてもらう事になっています。この場合の年金を在職老齢年金といいます。