厚生年金の基礎

厚生年金の支払い関係

・スポンサードリンク

厚生年金は、サラリーマンやOLのような会社員が加入する年金です。
ここでは、厚生年金の支払い関係について説明しています。



納付義務

 原則として、本人と事業主の折半



保険料

厚生年金保険の保険料は、勤めている方の給料をもとに標準報酬月額を決定し、これに保険料率をかけて計算します。
標準報酬月額は、保険料などを計算するために定められている標準報酬等級表にあてはめて決められます。現在、標準報酬の等級は、9万8千円から62万円までの30等級に区分されています。
保険料率は、14.288%です。ただし、坑内員及び船員は15.456%です。
また、ボーナスについても総支給額に保険料率をかけて保険料を計算します。


・2004年10月より、平均月収額に対して、の毎年 3.54/1000 
 ずつ引き上げられます。最大は、183/1000になります。

・育児休業中はどうなるの?
 申し出により、本人と事業主の保険料は免除されます。
(保険料納付済み期間になります)

2006年06月27日 22:59