国民年金の基礎

小規模企業共済

・スポンサードリンク

小規模企業共済は、小規模企業の事業主の退職金制度です。



従業員が20人以下の小規模企業の個人事業主または会社の役員が退職したり廃業した場合にそれまでに積み立てていた掛け金を受け取れる共済制度である。
受け取れる、事業主の退職金制度である
卸売り、小売、サービス業の場合は、5人以下でも可能です。



小規模企業共済の掛け金

・1000円〜7万円の間で、500円刻みで自由に加入できます。
・加入後の増額、減額は可能です。
 減額の場合は、一定の要件が整っていつ必要があります。
・納付した掛け金の範囲内であれば、一定の要件があるものの
 事業資金の貸し付けとして受け取れます。
・所得が無いなどで、掛金を納めることが困難な場合は、掛け止めができます。



小規模企業共済の給付

・一時金又は、分割払いで併用可



小規模企業共済の税金関係

・掛け金 : 所得控除
・一時金 : 退職所得
・分割受取: 雑所得(公的年金と同じ公的年金控除)

2006年06月27日 22:50