国民年金の基礎

国民年金基金

・スポンサードリンク

国民年金に加入している人(第1号被保険者)の国民年金への上乗せした年金を受け取る為の制度です。



国民年金基金は、年金額があらかじめ保証された確定給付型年金です。
もし、途中から掛金が脱退等で払われなくなった場合でも、すでに支払われた掛金に応じた年金額が支払われます。



国民年金基金の加入形態

国民年金基金は、
 ・47都道府県に設立された「地域型基金」
 ・25の職種別に設立された「職能型基金」
の2種類があります。
この「地域型基金」、「職能型基金」どちらか一方に入る事になります。



国民年金基金の加入資格

・国民年金に加入している人(第1号被保険者)で20歳以上、60歳未満の人
・農業者年金へ加入していない事
・国民年金保険料を免除されている人や滞納していない人



国民年金基金の掛金限度額

掛金の上限は、月額6万8,000円です。
給付の型及び加入口数は、掛金月額6万8,000円以内で選択が可能です。
個人型確定拠出年金に加入している人は、個人型確定拠出年金の掛金と合わせて6万8,000円以内となる。



国民年金基金の給付

終身年金ですので、死ぬまで貰えます。



国民年金基金の税金関係

支払った掛金は全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。

・掛金    : 社会保険料控除
・年金    : 雑所得(公的年金と同じ公的年金控除)
・遺族一時金 : 非課税



国民年金基金の加入・脱退

任意により自由に加入・脱退が出来ます。

2006年06月27日 22:49