国民年金の基礎

寡婦年金

・スポンサードリンク

ここでは、寡婦年金について説明しています。



寡婦年金は、自営業者やフリーの人で国民年金を納めている人が死亡した場合に本当は貰えるはずであった夫の老齢基礎年金の一部を妻に支給するというものです。



寡婦年金が貰える条件

・貰えるのは、妻のみ
・死亡一時金をもらっていない人
・夫が国民年金に加入していて、夫が死亡した場合



寡婦年金の年金額

死亡した夫が65歳から貰える老齢基礎年金の3/4



寡婦年金の受給期間

60歳〜65歳まで

2006年06月27日 22:47