国民年金の基礎

障害基礎年金(国民年金加入者の障害年金)

・スポンサードリンク

国民年金に加入している人が、障害を負って1級、2級になった場合に貰える年金が障害年金です。65歳にならなくても貰えます。



障害基礎年金は、国民年金に加入している人が対象です。


障害年金が払われる人(支給用件)

・初診日に被保険者である事
  *初診日とは、初めて診療を受けた日になります。
・初診日に60歳以上65歳未満で、保険料を納めていた人
・病気や怪我により障害を負った人
・障害認定日に障害等級が1級、2級の人
  *障害認定日とは、初診日から起算して、1年6ヵ月を経過した日
   上記の期間内に治った場合は、その治った日
・保険料納付済期間の3分の2以上の加入期間がある人
  *保険料納付済期間には、保険料免除期間を含む



障害年金の支給条件

・20歳前に初心日がある人
・障害等級が1級、2級の障害状態になった人
・所得制限
   所得額 : 398万4干円(2人世帯)を超える場合
     → 年金額の2分の1相当額に限り支給停止
   所得額 : 500万1干円を超える場合
     → 全額支給停止



障害年金の支給開始はいつから

障害認定日の翌月から支給されます



障害年金の基礎年金額(年額)

障害を負った本人にもらえる部分(*平成17年度の金額)

・障害等級 1級
 993,100円(月額82,758円) 
  *障害等級 2級 の 1.25倍

・障害等級 2級
 794,500円(月額66,208円)



障害年金の子供に対する加算

子供に支払われる部分(*平成17年度の金額)
下記の金額は、基礎年金額にプラスされます。

・子供が1人
 228,600円(月額19,041円)

・子供が2人
 228,600円 × 2(月額38,083円)

・子供が3人
 228,600円 × 2 + 76,200円(月額44,433円)

*子供の加算部分の支給条件
  ・子供が18歳に達する日以降の3月31日まで子供の
   加算部分の金額がもらえます。
  ・子供が20歳未満で、障害等級が1級又は、2級の場合



20歳前の障害年金

障害年金は、支給条件を満たしていないと支給されません。
しかし、公的年金という社会保障を考えると20歳前の人にも支給される事があります。

2006年06月27日 22:45