国民年金の基礎

国民年金の老齢基礎年金

・スポンサードリンク

ここでは国民年金加入者が老後にもらえる年金である老齢基礎年金について説明しています。



老齢基礎年金(国民年金)の受給資格

老齢基礎年金(国民年金)の受給資格がある人は、下記の人です。

 ・65歳以上である事
 ・「保険料納付済み期間」と「保険料免除期間」が合計で25年以上である
 ・「保険料納付済み期間」と「保険料免除期間」が合計で25年未満の場合で
  「カラ期間」を合算して25年以上になる場合



老齢基礎年金(国民年金)のカラ期間(合算対象期間)

カラ期間は、合算対象期間とも言います。この制度は、昔の日本の年金制度では、サラリーマンの妻などは、国民年金への加入は、任意加入でした。この為、現在の年金制度になった場合に25年以上の国民年金の保険料を納めていない人が出てきます。このような人への救済処置としてカラ期間(合算対象期間)がもうけられました。

カラ期間(合算対象期間)は、
  ・受給資格期間に算入されます。
  ・老齢基礎年金(国民年金)の年金額の計算には反映されない期間です。
の条件で、受給資格期間に含まれます。

カラ期間(合算対象期間)は、下記の条件に当てはまる人が対象です。

・昭和61年4月1日より前で、サラリーマンの妻などのような被扶養配偶者で
 あり、20歳以上60歳見何の期間で任意加入しなかった場合
・平成3年3月31日までで、学生が任意加入しなかった場合
・昭和61年4月1日以降で第2被保険者(会社員など)の20歳前、60歳以降の期間



老齢基礎年金(国民年金)の納付義務

国民年金の費用は、全額本人が負担し、本人が納付義務を負う



老齢基礎年金(国民年金)の保険料額

月額 : 13,300円
平成17年4月から毎年280円づつ引き上げられる
平成29年度以降は、16,900円で固定



老齢基礎年金(国民年金)の納付方法

全国の銀行、郵便局、信用組合、信用金庫、労働金庫、農協、漁協などで支払いが可能です。



老齢基礎年金(国民年金)の免除制度

老齢基礎年金(国民年金)には、支払いの免除制度があります。

・免除制度
 国民年金を払うのが困難な人に対して、保険料を免除する制度があります。

・法廷免除
  ・障害年金の受給者
  ・生活保護を受けている人
  などの一定の要件に該当する人

 ・申請免除/半額免除
   所得が政令で定める額以下で、保険料を納めるのが困難な場合
   申請する事で年金の納付が免除、半額免除の制度があります。
   (扶養親族の有無及び数に応じて所得額が違います。)

 ・学生納付特例
   学生本人の所得額が68万円以下の場合は申請する事により、
   保険料の納付をしなくてよくなります。
これは、親の収入には関係ありません。
   但し、受給資格期間に反映されるが、老齢基礎年金額には反映されません。



老齢基礎年金(国民年金)の平成17年度の年金額

加入期間 年金年額(月額)  振替加算額 妻の生年月日
40年  794,496(66,208) 9,908   昭和19年4月2日〜昭和20年4月1日
39年  774,636(64,553) 9,392   昭和20年4月2日〜昭和21年4月1日
38年  754,776(62,898) 8,900   昭和21年4月2日〜昭和22年4月1日
37年  734,904(61,242) 8,383   昭和22年4月2日〜昭和23年4月1日
36年  715,056(59,588) 7,867   昭和23年4月2日〜昭和24年4月1日
35年  695,184(57,932) 7,375   昭和24年4月2日〜昭和25年4月1日
34年  675,324(56,277) 6,858   昭和25年4月2日〜昭和26年4月1日
33年  655,464(54,622) 6,342   昭和26年4月2日〜昭和27年4月1日
32年  635,604(52,967) 5,850   昭和27年4月2日〜昭和28年4月1日
31年  615,732(51,311)
30年  595,872(49,656)
29年  576,012(48,001)
28年  556,152(46,346)
27年  536,292(44,691)
26年  516,420(43,035)
25年  496,560(41,380)



老齢基礎年金(国民年金)の保険料

平成17年 13580
平成18年 13860
平成19年 14140
平成20年 14420
平成21年 14700
平成22年 14980
平成23年 15260
平成24年 15540
平成25年 15820
平成26年 16100
平成27年 16380
平成28年 16660
平成29年 16900 ← この金額がMAX




年金を早く貰う/遅く貰う

基本的に年金は、65歳から貰えます。
但し、60歳〜70歳の間で年金を受け取る開始月を選べます。
この事を 繰り上げ・繰り下げ と言います。

 ・繰り上げ : 65歳より前から貰う
         60歳〜65歳未満までの間で選択
 ・繰り下げ : 65歳1ヶ月以降から貰う
         65歳〜70歳までの間で選択

・国民年金の繰り上げ受給
60歳から65歳の間で年金が貰えます。
但し、貰える年金額は少なくなります。
65歳からも満額もらえる年金は、794,496円(平成17年度金額)です。
 ・60歳から年金を貰う場合
   年金額が30%減額されます。
 ・61歳から年金を貰う場合
   年金額が24%減額されます。
 ・62歳から年金を貰う場合
   年金額が18%減額されます。
 ・63歳から年金を貰う場合
   年金額が12%減額されます。
 ・64歳から年金を貰う場合
   年金額が6%減額されます。

・国民年金の繰り下げ受給
65歳からの受給開始を1か月先延ばしした場合は、年金額が0・7%増えます。
70歳から年金を受け取ると42%多い年金額が生涯わたってもらえます

2006年06月27日 22:43