国民年金の基礎

ここでは、国民年金に加入している人が貰える老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金、国民年金基金などについて説明しています。

国民年金の老齢基礎年金

ここでは国民年金加入者が老後にもらえる年金である老齢基礎年金について説明しています。

障害基礎年金(国民年金加入者の障害年金)

国民年金に加入している人が、障害を負って1級、2級になった場合に貰える年金が障害年金です。65歳にならなくても貰えます。

遺族基礎年金(国民年金加入者の遺族年金)

国民年金に加入している人が、死亡した場合に家族や子供が貰える年金が遺族年金です。

寡婦年金

ここでは、寡婦年金について説明しています。

死亡一時金

ここでは、死亡一時金について説明しています。

国民年金基金

国民年金に加入している人(第1号被保険者)の国民年金への上乗せした年金を受け取る為の制度です。

小規模企業共済

小規模企業共済は、小規模企業の事業主の退職金制度です。