年金の基礎

公的年金制度の基本

・スポンサードリンク

ここでは、国民年金、厚生年金についての公的年金の説明をしています。
ここで説明している内容は、国民年金、厚生年金についての基礎的な年金の知識になります。

公的年金である国民年金、厚生年金についても、貰い方によって、色々と種類があります。
これらの年金の種類によって、年金の呼び方も変わりますし、老後以外にも貰える年金があります。また、ここでは、公的年金の利点や民間の個人年金についても説明していますので、参考にして頂ければと思います。

公的年金制度は、老後の資金に必要な所得になります。
ここでは、日本の公的年金制度の基本を説明します。

加入方法による年金の種類

加入方法による公的年金の種類は、

  ・国民年金
  ・厚生年金
  ・共済年金

の3つになります。

国民年金
国民年金は、厚生年金、共済年金に加入していない自営業者等が加入する公的年金です。

厚生年金
厚生年金は、サラリーマン等の会社員が加入する公的年金です。

共済年金
共済年金は、公務員等が加入する公的年金です。



貰えるタイミングの年金の種類

公的年金の種類には、

  ・老齢年金
  ・障害年金
  ・遺族年金

があります。



【老齢年金】

老齢年金は、老後に貰える年金です。
老齢年金の種類には、

  ・老齢基礎年金
  ・老齢厚生年金
  ・退職共済年金

があります。



【障害年金】

障害年金は、ある一定以上の障害になった場合に貰える年金です。
障害年金の種類には、

  ・障害基礎年金
  ・障害厚生年金
  ・障害共済年金

があります。



【遺族年金】

遺族年金は、年金を納めていた人が亡くなった場合に家族などが貰える年金です。
遺族年金の種類には、

  ・遺族基礎年金
  ・遺族厚生年金
  ・遺族共済年金

があります。



【公的年金の利点】

・年金は、一生涯支給される
・支払った保険料全額が所得から控除される
・貰うときは、所得控除がある



【民間の個人年金】

・民間の保険には、物価にあわせて支給額が上下するシステムはない
 物価が著しく上がると価値がほとんど、無くなる可能性がある
・終身の年金保険の場合は、掛け金がが高額になります
・所得控除は、年間で最高10万円までしか控除されない
・所得として扱われる為、10%の税がかかります



【加入している年金の見分け方】

●健康保険被保険者証(保険証)を確認

 ・国民健康保険の保険証 → 国民年金
 ・共済組合の保険証   → 共済年金
 ・社会保険事務所や健康保険組合の保険証 → 厚生年金



【年金は25年以上払ってないともらえない?】

・老齢年金
  なんらかの年金に25年以上加入が必要。
  但し、国民年金の免除期間やサラリーマンの妻などの第3号被保険者期間
  も期間に含まれる



・合計期間の計算

   第1号被保険者であって年金保険料を納めた期間
 + 第2号被保険者であった年金保険料を納めた期間
 + 第3号被保険者であった年金保険料を納めた期間
 + 保険料を免除された期間
 + カラ期間
――――――――――――――――――――――――――
 = 上記の期間の合計が25年以上




・カラ期間

 ・生年月日によっては払っていない期間があっても加入期間として
  認められる特例があります。但し、年金額には反映されない。
この年金額には、反映されないが加入期間とみなされる期間をカラ期間
  といわれます。



・25年以上の加入期間が無い人

短縮特例があります。

第3号被保険者の制度開始は、昭和61年4月から始まりました。
それまでは、専業主婦は、年金加入は任意だったので加入していなかった人は、年金額は減りますが、任意加入時に加入しなかった人に対して、「カラ期間」として、受給期間に含める事ができます。

平成3年3月31日までで、学生が任意加入しなかった期間も「カラ期間」として扱えます。

2006年06月27日 22:42