住宅ローンの返済方法

住宅ローンの繰り上げ返済

・スポンサードリンク

住宅ローンの繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別にある一定の金額をまとめて返する事です。
このように住宅ローンの繰り上げ返済を利用する事により、住宅ローンの借りている金額の元金を減らす事ができます。つまり、住宅ローンの繰り上げ返済を利用する事で、住宅ローンの総返済額を安くする事ができます。

この繰上げ返済は、出来るだけ早く行う事により総返済額を少なくすることができます。
その理由は、早く借りているお金の元金が減った方が金利が少なくなるからです。



繰り上げ返済のメリット

・早く行う方が返済金額が減って効果的
・公庫融資の場合、11年目以降の段階金利前の方が効果が大きい
・2つ以上のローンがある場合は、金利が高い方を優先させる
・元利均等返済と元金均等返済の2つの住宅ローンがある場合は、
 元利均等返済の方を優先する



一部繰上げ返済が可能な最低金額

・フラット35
  100万円以上から
・公庫の場合
  100万円以上から
・民間金融機関
  50万円以上
   *一般的な金額であり、金融機関により違いがあります。



繰り上げ返済の手数料

・フラット35
  無料
・公庫の場合
  3,150円
・民間金融機関
  数千円から数万円




繰り上げ返済の実施

繰り上げ返済を行う場合は、国民金融公庫の場合は、毎月の返済日の1ヶ月前までに取り扱い金融機関へ相談に行く必要があります。相談に行き、申込書を提出する事により、翌月の返済が行われる時に同時に繰り上げ返済の分も返済が行われます。
民間の金融機関の場合は、各金融機関によって違いがありますので、それぞれの金融機関で前もって相談しておきましょう。

2006年06月24日 20:58