住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法

・スポンサードリンク

住宅ローンを借りる場合に返済方法は、十分に検討する必要があります。
なぜなら、住宅ローンは一般的に長期間の返済になり、毎月の返済額が家計にしめる割合が大きい為です。ここでは、住宅ローンの返済方法の種類を説明し、この住宅ローンの返済方法のメリットとデメリットについて説明しています。

住宅ローンの返済方法の種類には、下記のようなものがあります。


住宅ローンの返済方法の種類

 ・元利均等返済
 ・元金均等返済


【元利均等返済】

元利均等返済は、毎月の返済額が決まった金額を返しつづける方法です。
元金と利息を合わせた毎月の返済額が一定になります。返済額にしめる元金と利息の割合が変わっていきます。当初は、返済額のほとんどが利息の部分をしめており、徐々に元金の返済の割合が増えていきます。
一般的に元利均等返済は、多くの金融機関で採用されています。

・メリット
・毎月の返済額が一定である為、返済計画が立てやすい
・元金均等返済に比べ、当初の返済額が少ないために収入基準をクリアしやすい

・デメリット
・返済当初は、返済額の大部分の割合が利息である為、
 長期の返済の場合は元金が減りにくい
・総返済額は、元金均等返済よりも多くなる


【元金均等返済】

元金均等返済は、返済当初の毎月の返済額は多くなりますが、徐々に毎月の返済額が減っていきます。
元金部分を返済期間で按分して、元金部分の返済額を一定の金額にします。
この一定の金額に対して、借入金の残高にかかる利息を上乗せして返済する方法です。

・メリット
・元金が早く減る為、利息も少なくなる
・返済が進むにつれて、毎月の返済額は軽くなる
・総返済額は、元利均等返済よりも少なくなる

・デメリット
・元利均等返済に比べ、当初の返済額が多くなる
・毎月の返済額が一定でないので、返済計画が元利均等返済に比べ立てにくい


このように返済方法によって変わってきます。
元利均等返済は、出来るだけ多くの金額を借りる必要があり、コツコツと返済していく人に向いています。
元金均等返済は、ローンの審査基準に余裕がある人が早くローンの返済を終らせるのに適しています。

このようにそれぞれの場合に合わせて返済方法を検討するといいでしょう。
どちらの返済方法を利用するにしても、出来るだけ繰越返済を行いできるだけ早くに元金を減らしましょう。

2006年06月24日 20:55