オススメ住宅ローン

オススメ住宅ローン

・スポンサードリンク

今までは、住宅ローンと言えば住宅金融公庫から住宅ローンを借りる事を考える人が多かったと思います。しかし、今までの定番であった住宅ローンの住宅金融公庫は平成19年4月に独立行政法人住宅金融支援機構になるに伴い、今までの定番の住宅ローンの住宅金融公庫の融資は打ち切られます。

ここでは、この今までの定番の住宅ローンであった住宅金融公庫の融資が無くなって以降の住宅ローンについて見ていきます。今後、一般的に定番の住宅ローンになるのと思われる住宅ローンについて説明しています。この新しい定番の住宅ローンが、私のオススメの住宅ローンになりますので、この住宅ローンについて、ここでは説明しています。

このような流れから新しく出てきた住宅ローンがフラット35です。
フラット35の一番の利点は、住宅金融公庫の融資と同じく長期にわたり固定金利での融資が可能である点です。また、フラット35は、民間の金融機関にもよりますが、住宅金融公庫の融資よりも金利が安い事が多いようです。

このように、住宅金融公庫の融資に比べ、フラット35は、有利な面が多く見られます。この為、フラット35の融資条件をしっかりと確認して、上手く使いこなしましょう。住宅金融公庫からの直接融資が無くなる為、これからは、フラット35が住宅金融公庫の融資のかわりを担って行くでしょう。

では、これからフラット35の説明をさせて頂きます。

【フラット35の特徴】

民間金融機関が融資を行い、その債権を住宅金融公庫が買い取る仕組みの住宅ローンで、長期で固定金利が可能です。


【フラット35のメリット】

・住宅金融公庫の融資よりも多くの金額が借りられる
・借りやすく返しやすい
・諸費用を安く出来る
・住宅の質が一定以上に確保できる


【住宅金融公庫の融資よりも多くの金額が借りられる】

・融資額
  全国一律で最高8,000万円まで

・年収基準
 購入金額の80%までを毎月の返済額の4倍以上の月収があれば借りられる
(住宅金融公庫の融資の場合は、5倍以上であった為、フラット35の方が有利)


【借りやすく返しやすい】

・金利(2006年6月時点)
 フラット35は、取り扱っている金融機関により金利は違いがありますが、
 多くの民間金融機関では、住宅金融公庫の融資よりも金利が低くなっているようです。

  フラット35    : 2.861% (SBIモゲージの金利額)
  住宅金融公庫の融資 : 3.68% 〜 3.93%

・返済期間
 フラット35の返済期間は、国民金融公庫と同じで、最長35年間まで可能です。

・固定金利
 フラット35は、民間金融機関で長期間の固定金利が可能です。
 今までは、民間の金融機関では、長期間の固定金利である住宅ローンを取り扱って
 いませんでした。その為、住宅ローンを借りる場合の選択肢が広がりました。
 また、長期間に渡り、固定金利である為に、返済計画が立てやすくなります。

・取り扱い金融機関が多い
 フラット35は、全国の多くの金融機関で取り扱っている為に

【諸費用を安く出来る】

フラット35は、住宅金融公庫の融資と同じように民間金融機関では、必要な諸費用となる保証料や抵当権設定登記などの費用がかかりません。
ただし、物件検査手数料がかかりますが、繰り上げ返済の手数料がかからないので、返済がしやすくなります。

・保証料
  フラット35    : 無料
  住宅金融公庫の融資 : 無料

・物件検査手数料
  フラット35    : 2〜3万円程度
  住宅金融公庫の融資 : 無料

・登録免許税(抵当権設定登録)
  フラット35    : 非課税
  住宅金融公庫の融資 : 非課税

・一部繰り上げ手数料
  フラット35    : 無料
  住宅金融公庫の融資 : 3,150円

・条件変更手数料
  フラット35    : 無料
  住宅金融公庫の融資 : 5,250円
  
・全額繰り上げて数量
  フラット35    : 無料
  住宅金融公庫の融資 : 無料

【住宅の質が一定以上に確保できる】

フラット35は、住宅金融公庫の融資と同じように住宅金融公庫が定める一定の基準をクリアしていなければ、住宅ローンを借りることが出来ません。この為、耐久性などの技術的な基準が適合するか検査が行われますので住宅のに対する信頼ができます。


このような点からフラット35は、民間の金融機関で借りることが出来る住宅ローンでありながら、住宅金融公庫の融資と同じような特徴をもっています。
この為、フラット35は、今後の住宅ローンの主流になる商品だと思います。

フラット35を検討してみたいとお思いの方は、「SBIモゲージ」のホームページ(
住宅ローンのお申込書請求)にて、住宅ローン相談申込や返済金額シミュレーションが行えます。また、インターネット上で簡易審査も行えますので、フラット35を利用出来るかの確認もできます。

業界最低水準金利 最長35年固定2.861%!SBIモーゲージの公庫提携フラット35
のホームページへ



【フラット35の利用条件】

フラット35を利用する時の利用条件を下記にまとめています。
下記の利用条件は、一般的なものになりますので、実際にフラット35が利用出来るかは、各金融機関にて確認してください。すぐに確認をしたい方は、★業界最低水準金利! 最長35年2.861%★住宅ローンはSBIモーゲージのスーパー【フラット35】!にて、簡易審査が行えますので確認してください。




・利用できる人

 ・申込時の年齢が満70歳未満
 ・安定した収入がある事
 ・購入物件価格の毎月の返済金額の4倍以上の月収
 ・他の借り入れを含めた年間返済額の年収に対する割合
    年収300万円未満       : 25%以内
    年収300万円以上400万円未満  : 30%以内
    年収400万円以上700万円未満 : 35%以内
    年収700万円以上       : 40%以内



・使い道

   住居用住宅の購入



・住宅の条件

  ・購入価格が1億円以下 
  ・耐久性等が公庫の定めた技術水準に適合すること 
  ・床面積は、一戸建て70u以上マンション30u以上で上限無し 



・その他
 
  ・保証料は不要 
  ・団体信用生命保険加入は任意 
  ・火災保険の加入が条件 
  ・繰り上げ返済手数料がゼロ円 
  ・融資手数料は、取り扱い金融機関により異なる 



いくらまで借りられるか

  ・フラット35
    最高8000万円まで借りられる
    住宅の購入価格等の80%まで借りられる
  ・住宅金融公庫の融資
    借りられる金額は、地域により異なる
    住宅の購入価格等の80%か50%(年収により異なる)
      ・年収800万円以下 : 80%まで
      ・年収800万円超  : 50%まで



必要年収の年収比率

  ・フラット35
     年間の返済額は、年収の25%まで
  ・住宅金融公庫の融資
     年間の返済額は、年収の20%まで



購入時の諸費用
    
  ・フラット35 : 0円   
  ・民間融資   : 100万円当たり 20,614 〜 30,923円(35年返済)   



繰り上げ返済時の手数料

  ・フラット35   : ゼロ円
  ・公庫融資     :3,150円 〜 5,250円
  ・民間金融機関(*1): 10,500円 〜52,500円
    *1)民間金融機関の場合は、各金融機関により異なりますので、
      参考程度にしてください、詳細は、各金融機関にお問合せください。



条件変更の手数料がゼロ円
     
  ・フラット35   : 0円 
  ・公庫融資     : 3,150円〜5,250円 
  ・民間金融機関(*1): 5,250円 
    *1)民間金融機関の場合は、各金融機関により異なりますので、
      参考程度にしてください、詳細は、各金融機関にお問合せください。



住宅の質が確保される

フラット35を利用する場合は、購入する物件が公庫証券化支援住宅技術基準」という技術基準に適合する必要があり、物件検査を受ける必要があります。この為、2〜3万円の費用を払い物件の検査を行う必要がありますが、住宅の安心を買うと思うと2〜3万円の出費は安いものだと思います。
   


フラット35の有利な点

民間金融機関の場合固定金利であっても、5年の固定金利選択型、10年の固定金利選択型などのように長期間で固定金利で住宅ローンを借りる事が出来ないので、金利の変動がどのようになるかが心配であるのに比べ、フラット35なら、低金利のまま35年間同じ金利が適用されるために安心して資金計画が立てれます。



金利が決まるタイミング

フラット35の金利は、毎月、月初めにかわります。
金利は、フラット35を取り扱っている、民間の各金融機関から発表されます。
では、実際に融資を受ける時には、どのタイミングの金利が適用されるかを下記にまとめてみました。金融商品により、適用されるタイミングが違いますので注意が必要です。

  ・フラット35
    適用されるのは、融資実施月の金利になる
  ・住宅金融公庫、財形住宅融資
    住宅ローンも申込時の金利が適用される



フラット35を少しでも検討してみたいと思われた方は、
今すぐ、「SBIモゲージ」で、住宅ローンでお悩みの皆様、まずは相談!へ。







2006年06月24日 20:34