公的金融機関の住宅ローン

地方自治体の融資による住宅ローンについて

・スポンサードリンク

こちらでは、各地方自治体が行っている住宅の建設・購入・増改築・改造などに使える住宅ローンにどのような住宅ローンがあるかを紹介をします。地方自治体が独自で行っている住宅ローンである為、詳細は、それぞれの自治体へお問合せ頂ください。


県や市などの各地方自治体からも住宅ローンなどの融資を受ける事が可能な場合があります。
融資条件は、自治体によって様々ですので、詳細は、各自治体に問い合わせてみましょう。
基本的に地方自治体から融資を受ける為には、その自治体に住んでいる人、勤務地がその自治体にある人、その自治体に住む予定の人などです。


地方自治体が行う融資には、
  ・直接融資
  ・間接融資
  ・利率補助
の3種対があります。



【直接融資】

地方自治体が、みずから利用者に直接、住宅資金の融資を行う方法です。
この融資が受けられる場合は、民間の住宅ローンの融資に比べて、金利が有利な場合があります。



【間接融資】

間接融資とは、地方自治体が指定した特定の銀行などの金融機関に対して、
資金を預けて、その金融期間から有利な条件で住宅資金を融資する方法です。



【利率補助】

自治体から指定されている特定の金融機関から住宅ローンを借りた場合に、地方自治体が利子の一部を補助してくれる方法です。

このように、色々な方法で地方自治体から有利な条件で融資を受ける事が可能な場合があるので、一度、各地方自治体に確認しておきましょう。

2006年06月04日 17:18