公的金融機関の住宅ローン

住宅金融公庫の住宅ローンについて

・スポンサードリンク

ここでは、住宅金融公庫の住宅ローンについて説明しています。



【住宅金融公庫】


住宅金融公庫は平成19年4月に独立行政法人住宅金融支援機構に生まれ変わります。
これに伴い、原則的には、直接的な住宅ローンの融資は廃止になります。
災害関連、都市居住再生等の一般の金融機関が融通を行うのが困難な分野の住宅ローンに限り行うようになります。


では、平成19年4月からはどうなるかと言いますと証券化支援業務というのに力をいれるようです。


証券化支援業務とは、
「一般の金融機関の貸付債権の譲受け、貸付債権を担保とする債券に係る債務保証による証券化支援業務を主要な業務とする。」(*1:住宅金融公庫のHPより)

つまり、フラット35のように、民間金融機関が、住宅金融公庫と提携して実現した“長期固定金利”の住宅ローン商品などを手がけていく事になります。


*1:住宅金融公庫のホームページは住宅金融公庫のホームページ
 (平成19年4月以降どのような業務を行うかが記載されています。)



【住宅金融公庫の住宅ローン】

住宅金融公庫の住宅ローンは、新築物件、中古物件、リフォームなどにより、融資条件は違ってきます。
詳細を知りたい方は、住宅金融公庫のホームページで確認してください。
住宅金融公庫のホームページ

ここでは、おおまかにまとめた内容をご紹介します。
詳細は、住宅金融公庫のホームページ

●対象者
  日本国籍を持つ人か永住許可を受けた外国人

●年齢
  申し込み日現在の年齢が70歳未満
  親子リレー返済の場合は、70歳以上でもOK

●住居
  自分で所有し、居住するために住宅を購入、建設

●収入
  前年に所得がある事
  必要収入として、毎月の返済額の5倍以上の収入がある事
   (申込者の収入が基準に満たない場合は、同居予定者の収入を
    必要収入の1/2として合算できる)

●申込の要件
  *一戸建ての敷地面積は原則として100u以上
  ●新築
   ・マンション : 専有面積 50u以上 280u以下
   ・一戸建て  : 床面積  80u以上 280u以下
  ●中古
   ・マンション : 専有面積 50u以上 280u以下
   ・一戸建て  : 床面積  60u以上 280u以下

●金利
  固定金利(平成18年6月時点では、3.48%〜3.93%)
  最新の金利は、下記の住宅金融公庫のホームページを参照してください。
  住宅金融公庫の金利情報
  
●保証人・担保
  協会保証を利用、又は、連帯保証人が1人いること
  建物と敷地に原則として第1順位の抵当権が設定できること

●返済期間
  個々の条件により異なるが、
  10年以上、最長35年。1年刻み、かつ80歳完済を上限

●融資限度割合
 <給与収入のみの場合>
   年収800万円以下の場合 : 消費税相当額を含む購入価格の8割
   年収800万円超の場合  : 消費税相当額を含む購入価格の5割
 <給与収入のみ以外の場合>
   所得金額が600万円以下の場合 : 消費税相当額を含む購入価格の8割
   所得金額が600万円超の場合  : 消費税相当額を含む購入価格の5割
    *但し、「つみたてくん」利用者は年収にかかわらず8割まで可能

●手数料
  48,510円

●申込方法
  「住宅金融公庫業務取扱店」と表示している金融機関から行う。




次は、「財形住宅融資の住宅ローン」

2006年06月02日 17:36