生命保険の用語集(あ行)

遺族基礎年金(いぞくきそねんきん)

・スポンサードリンク




生命保険の「遺族基礎年金(いぞくきそねんきん)」についての用語説明です。



生命保険の遺族基礎年金(いぞくきそねんきん)とは、

遺族基礎年金とは、遺族年金の1階部分の基礎となる年金制度のことです。公的年金には、国民年金、厚生年金、共済年金などの種類があります。

このうち、国民年金は、1階部分の年金と言われています。その上に2階部分となるのが厚生年金、共済年金と言う事になります。この為、厚生年金、共済年金に加入している人は自動的に、国民年金に加入しているという事になります。

そして、遺族年金とは、公的年金に加入している人、つまり、国民年金、厚生年金、共済年金などの公的年金に加入している場合に、その加入者が死亡した後に、残された遺族が貰える公的年金です。

そのような遺族年金の中でも国民年金に加入している人が対象となるのが「遺族基礎年金」という年金制度になります。国民年金に加入してお金を支払っている人が死亡した場合は、「遺族基礎年金」を遺族が貰うことが出来ます。


この遺族基礎年金が貰うことが出来るのは、それなりに条件があります。その貰うことが出来る条件としては、
・国内に住んでいる人で60歳以上〜65歳未満の国民年金の被保険者が死亡した場合
・老齢基礎年金(国民年金)の受給権者が死亡した場合
・老齢基礎年金(国民年金)の受給資格を持っている人が死亡した場合
と言う事が、基礎的な遺族基礎年金を貰う為の基礎的な条件となります。

あと、国民年金の保険料を支払っている人の場合は、直近のある一定期間の保険料を支払っているという条件などもあります。


貰うことが出来る遺族基礎年金の受給が出来る人の場合は、子供が居る妻と子供が対象になります。この為、遺族基礎年金は、子供が居ない妻であったり、子供が居る夫というのは、受給対象にはなりません。

遺族基礎年金の受給できる期間は、子供の年齢が18歳に到達した年度の3月31日といった年度末までになります。また、もしも、子供に障害等級の1級か2級がある場合には、20歳未満まで貰うことが出来ます。

遺族基礎年金で貰える金額というのは、平成24年の場合で、「786,500円+子の加算」というのが基本になります。そのうえで、子供の人数によって、子の加算部分は、「第1子:226,300円」、「第2子226,300円」となり、さらに、「第3子以降の子供については、各75,400円」となります。金額は年額です。




「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る

2013年04月09日 12:45