生命保険の用語集(あ行)

受取人(うけとりにん)

・スポンサードリンク




生命保険の「受取人(うけとりにん)」についての用語説明です。



生命保険の受取人(うけとりにん)とは、生命保険の保険金や給付金を受け取ることが出来る人の事を言います。具体的には、死亡保険の場合には、死亡保険金、満期保険金、解約返戻金などのお金を受け取ることが出来る人をさします。さたに、医療保険の場合には、入院給付金や手術給付金などの給付金を受け取ることが出来る人になります。個人年金保険の場合は、年金を受け取る人の事になります。

受取人については、生命保険の契約をする時に指定する事になります。また、契約後に変更する事も出来ます。この受取人ですが、誰でも指定できると言った訳ではなく制限があります。

具体例として、例えば、ライフネット生命の場合では、被保険者の戸籍上の配偶者か被保険者の2親等以内の血族と言ったように基本的な条件が設けられています。これらの条件に該当する人が居ない場合には、他の人を指定する事もできます。

また、事実婚のパートナーを指定する事もできますが、戸籍上の配偶者の有無や同居期間などの条件があります。また、保険金額にも上限が設けられています。このように、受取人を指定する場合には、条件が付く場合があります。


生命保険に加入する場合には、受取人以外にも被保険者、保険契約者と言った様な人も契約時に指定する事になります。保険契約者は、生命保険会社と保険契約を結んでいる人の事で、契約上の様々な権利を有している人になります。具体的には、契約内容の変更であったり、保険の請求権、保険料の支払い義務などを有している人と言う事になります。

被保険者とは、生命保険の保障の対象となる人を指定します。死亡保険の場合には、被保険者が死亡した時に死亡保険金が支払われることになります。また、医療保険の場合は、被保険者が病院に入院したり手術する時に給付金を貰うことができます。





「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る

2013年03月22日 12:54