老後に備えた生命保険の見直し

老後資金と生命保険(個人年金とは)

・スポンサードリンク

ここでは、生命保険である個人年金を使っての老後資金の貯め方について考えてみます。



【老後の資金を生命保険で作るには】

「老後の生活費用はどうしますか?」
と問われると、多くの人が
・公的年金
・預貯金
・企業年金
・退職金
のようなものが思いつくと思います。

昔は、公的年金や企業年金、退職金がしっかりと貰えていましたので、何も問題は有りませんでした。しかし、これからは、公的年金も少子化などの問題により、だんだんと貰える金額が減ってきています。また、企業年金や退職金も廃止する企業が増えてきています。このような時代になり、自分で老後の資金を用意する必要が出てきました。
ここでは、自分で老後の資金を用意する為の方法のひとつとして、生命保険の活用法をご紹介します。


生命保険は、一般的には何か合った時の保障の為のものと思われています。
しかし、生命保険の商品によっては、金融商品の要素があり、老後の生活資金の為に利用することが可能な生命保険もあります。
個人年金保険の場合は、支払った保険料を年金原資とする為、積み立てておき、決められた期日から年金形式でお金を受け取ることになります。

このように、個人年金保険の場合は、預貯金と似た要素を持っています。しかし、個人年金保険の商品によっては、積立金よりも多く貰える場合と、積立金より少なく貰える場合があります。この点は、預貯金とは違う点になります。


預貯金と個人年金保険の違いは、生命保険である個人年金保険には生命保険料控除がある点です。つまり、支払った保険料が所得から控除され、保険料を支払えば税金が戻ってくることがあります。この点が、預貯金とは大きく違う点になります。
このような税制面での優遇は、預貯金や株、投資信託などの運用商品には無いため、個人年金保険が有利になる点になります。


では、このように税制面で有利な点がある個人年金保険について、どのような商品があるのか見ていきたいと思います。


老後の資金に利用出来る生命保険

●個人年金保険
 ・終身年金
 ・確定年金
 ・有期年金
 ・夫婦年金

があげられます。


【終身年金】
終身年金に加入している人が生きている間、年金形式でお金が支払われます。
多くの終身年金の場合は、保障期間が設けられており、保障期間中に終身年金加入者が死亡した場合は、保障の残りの期間に対応する一時金又は、年金が遺族に支払われます。
保障期間が付いていない終身年金の場合は、終身年金加入者が死亡すると同時に個人年金の支払いも終了します。

終身年金は、長生きすれば特をする個人年金保険です。ただし、生きている間はお金が受け取れるため、保険料自体も高く設定されています。このため、長生きしない限り、損をする事になります。
では、どれくらい長生きすると特をするのでしょうか。これは、それぞれの個人年金商品によっても違いますし、色々な条件によって変わってきますが、だいたい60歳から個人年金保険を貰いだした場合は、80歳以上生きないと損をする事になります。保障期間が付いている終身年金であっても、多くの場合損をする事が多いようです。
終身年金の場合、長寿の家系で、自分は長生すると思われる人の場合はお得な個人年金保険になると思います。また、若い時から老後の資金を用意しようと思う人の場合は終身年金に加入しても良いと思います。


【確定年金】
確定年金は、 確定年金加入者の生死に関わらず、個人年金の支給開始から支給終了までの期間が前もって決まっている個人年金保険です。
もし、個人年金支給期間中に確定年金加入者が亡くなった場合は、遺族が変わりに個人年金を受け取ることができます。


【有期年金】
有期年金は、有期年金加入者が生きている事が条件で、前もって決まられた一定期間のあいだ個人年金保険が受け取れる個人年金です。
もし、個人年金支給中に有期年金加入者が亡くなった場合は、その時点で個人年金の支給は終了します。確定年金のように遺族が残りの個人年金を受け取ることができません。この為、確定年金に比べ保険料は安くなります。


【夫婦年金】
夫婦年金は、名前の通り、夫婦二人で加入する個人年金保険です。夫婦のうちどちらかが生存している限り年金が支払われます。夫婦年金は、夫婦二人で別々に個人年金保険に加入するよりも安い保険料で個人年金保険に加入する事ができ、夫婦二人の老後の資金作りには良い商品になります。ただし、離婚した場合は、解約扱いになったりと損をする場合がありますのでご注意ください。


上記が個人年金保険の主な種類になります。
どのような個人年金保険に加入するかは、あなたがどのような老後を過ごすかにより違ってくると思います。



また、上記に付加してお知らせしておく事があります。
それは、上記の個人年金保険については、それぞれ、「定額年金」と「変額年金」という2つに分ける事が出来ます。


【定額年金・変額年金とは?】


・定額年金とは?
定額年金とは、定額年金加入時に既に貰える個人年金額が確定している個人年金保険です。
このため、定額年金は、予定利率(金利)が高い時に加入するとお得な個人年金になります。つまり、金利が高い時は、自然と個人年金保険の予定利率も高く設定されています。この場合、将来、金利が下がり、それと同時に個人年金保険の予定利率が下がってしまった場合も高い予定利率での個人年金が受け取れるようになります。



・変額年金とは?
変動年金とは、変動年金加入時には、個人年金が支給される時に貰える個人年金額が決まっていない個人年金保険です。
このため、変額年金は、予定利率(金利)が低い時に加入するとお得な個人年金になります。つまり、金利が低い時は、自然と個人年金保険の予定利率も低く設定されています。この場合、将来、金利が上がり、それと同時に個人年金保険の予定利率が上がった場合に当初の見込みよりも多くの額の個人年金が受け取れるようになります。


このように個人年金保険には、終身年金、確定年金、有期年金、夫婦年金以外にも定額年金、変動年金と言う見方をする事ができます。

この為、「どのように個人年金を受け取るか」と「どのように個人年金額が変わるか」という2つの点について考えて、個人年金保険に加入する必要があります。


【個人年金保険の種類】

結局のところ、個人年金保険には、下記のような種類分けができます。

・定額個人年金保険(終身年金)
・定額個人年金保険(夫婦年金)
・定額個人年金保険(確定年金)
・定額個人年金保険(有期年金)

・変額個人年金保険(終身年金)
・変額個人年金保険(夫婦年金)
・変額個人年金保険(確定年金)
・変額個人年金保険(有期年金)


次のページでは、「個人年金保険」以外の生命保険の商品を利用した老後の資金作りの方法をご紹介していきます。

2006年08月06日 19:36