老後に備えた生命保険の見直し

外貨年金で高利回りを狙う

・スポンサードリンク

ここでは、アメリカのドルやオーストラリアのドルなとの外貨で積み立てる外貨預金について説明します。



【外貨年金保険とは】

日本では、低金利時代が続き、日本国内で資産を運用しても十分な利回りが得られる資産運用が難しくなり、なおかつ、公的年金制度の不安、不満などから、資産を海外の米国債などで運用する個人年金が注目されました。外貨建ての預金の個人年金保険バージョンになります。
外貨で運用するため、為替リスクはありますが、日本国内での円建ての資産運用にくらべ、て積立利率が高いのが特徴です。


保険料の支払い方法には、加入時に一括で支払う「一時払い」と毎月支払う「積立型」があります。外貨年金保険の商品が出来た当初は、一時払いのみで、若年層には手軽に加入する事が出来ませんでしたが、積立型が出来て誰でも加入しやすくなりました。

外貨年金保険は、外貨で年金資金を積み立てていく為、年金受取時に円安になっていれば為替差益が得られます。この為、金利と為替差益のダブルでの利益が得られます。
しかし、逆に年金受取時に円高になっていれば為替差損が発生する為、損をする可能性があります。
このように外貨年金保険は、リスクのある商品ですので、為替の知識がある事が好ましいと思います。

リスクの回避方法としては、積立型の外貨年金保険がお勧めです。
一時払いの場合は、当初に支払った金額が年金受取時に増えているか減っているかのどちらかになる為、リスクが大きくなります。
これに対して、積立型の場合、毎月の支払いで年金資金を積み立てていく為、円高の時には多くの外貨で積立、円安の時には少ない外貨で積み立てられます。このような方法を「ドルコスト平均法」といい、平均的に購入単価を下げることが出来る、投資手法を利用することができ、リスクの軽減が可能になります。


また、最近では、老後を海外で暮らす人も増えてきていますので、そのような人には、外貨を日本円に変える必要がなくなりますので、為替によるリスクは軽減されます。


このように外貨年金保険は、リスクはありますが金利が高い事が特徴ですので、大きな運用益を狙う人は検討してみてはいいのではないでしょうか。

2006年08月06日 19:38