老後に備えた生命保険の見直し

老後に必要な生命保険の保証とは?

・スポンサードリンク

ここでは、老後に必要となるであろう生命保険について説明しています。



老後に必要な生命保険の保障とは何でしょうか?
あなたが死亡した時に残された家族への生活費、葬儀費用。また、病気やケガをした時の入院費用や手術費用。これら以外にも多くの保障が必要になります。
これらのような保障が必要な事が起こった場合にどのような生命保険が利用出来るかを説明して行きます。


【目的別の生命保険選び】

【目的@】
・自分に何かあり、亡くなった場合に妻や夫に生活資金を残したい
【必要な保障内容】
あなたが亡くなった時のことを想定しますので、保障は一生涯必要になります。
また、あなたが亡くなった時にある一定のまとまった金額を妻又は、夫に残します。
【該当生命保険】
終身保険が該当します。


【目的A】
・自分に何かあり、亡くなった場合の葬儀費用を残したい
【必要な保障内容】
あなたが亡くなった時に必要となる葬儀費用として、一定のまとまった費用が必要になります。200万円〜500万円が相場のようです。また、生命保険で葬儀費用を用意する人の多くは300万円用意する人が多いようです。
【該当生命保険】
終身保険が該当します。


【目的B】
・夫婦二人の老後の生活資金を確保したい
【必要な保障内容】
夫婦が二人とも生きている間はもちろんの事、どちらか一方が亡くなっても老後の生活費が保障される必要があります。
【該当生命保険】
個人年金保険・財形年金保険が該当します。


【目的C】
・老後になると病気にかかりやすくなるので医療費を確保したい
【必要な保障内容】
病気やケガをして、入院や手術に費用が必要になった時に保険金が受け取れる保障が必要。
【該当生命保険】
医療保険・がん保険・特定疾病保障保険が該当します。


【目的D】
・痴呆になったり、寝たきりになったりと老人特有の症状になった時に費用を抑えたい
【必要な保障内容】
痴呆や寝たきりになり、介護を受ける必要が出てきた場合に年金形式や一時金形式で介護に使う必要の保障が必要。
【該当生命保険】
介護保険が該当します。


【目的E】
・相続を行う時に相続税が心配なのでどうにか対策をこうじたい
【必要な保障内容】
相続が行われた時には、相続税が課せられる場合があります。このような場合にまとまったお金を課税される場合があります。この課税されるお金を用意しておく事が必要になります。
【該当生命保険】
終身保険・夫婦保険が該当します。


目的別で見た場合に利用出来る生命保険を見てきました。
あなたに必要な生命保険は合ったでしょうか?


ここで、あなたが必要と思われる生命保険が見つかった場合に確認して欲しいのが現在のあなたが加入している生命保険でまかなえるかという事です。
また、必要以上に保障がある場合も無駄に保険料を払う事になりますので、注意が必要です。



次のページでは、「YES」・「NO」形式で質問に答えて行く事で、あなたが必要としている生命保険の保証が分かるページを作成してみました。一度、試してみてください。

2006年08月06日 19:26