老後に備えた生命保険の見直し

老後に向けた生命保険の見直しのポイント

・スポンサードリンク

ここでは、老後に向けた生命保険の見直しのポイントについて説明します。



老後に向けた生命保険の見直しのポイントでは、

・死亡保障
・医療保障
・老後資金

の3つになります。
この「死亡保障」、「医療保障」の部分は、老後を迎えるにあたって、
今まで加入していた保障とは違ってきます。


それは、30代・40代との違いを考えるとよいでしょう。
30代・40代の場合には、まだ、子供が独立していなかったり、また、年金をもらいまでに期間が長いです。このような場合は、一家の大黒柱である夫の「死亡保障」をしっかりとした保障が必要になります。
また、「医療保障」については、必要なのは言うまでもありませんが、30代・40代とと老後を比べると30代・40代の方が病気になる可能性は低いと言えます。


この為、老後に向けた生命保険では、若い時と比べて、
「死亡保障」は、しっかりとした保障は必要が無くなります。

これに比べて、「医療保障」は、老後になった時の方が体の老いと伴に病気になる可能性は上がってきます。この為、「医療保障」は必要になります。

つまり
「死亡保障」は、ほとんど不要。
「医療保障」は、しっかりと対応。
のようにする必要が出てきます。


また、・老後資金という点から
・老後資金の為の個人年金
が必要になる場合もあります。

また、人によっては、
・介護保険
が必要になる場合もあります。


このように、老後を迎えるにあたって、必要な保障も変わってきます。
この変わってくる必要な保障内容を意識して老後の生命保険を考える事がポイントになります。


次のページ以降では、「老後の死亡保障」、「老後の医療保障」、「個人年金」、「介護保険」と個別に絞って、さらに詳しく見ていきます。

2006年08月06日 19:19