健康保険について

医療費の自己負担率の制度変更

・スポンサードリンク

ここでは、2006年10月1日からの医療費の自己負担率の制度変更について説明しています。

昨今の膨らみ続ける国の医療費支出を抑制する為に2006年10月1日から医療制度改革が行なわれ、70歳以上の人医療費の自己負担が見直されました。

今までは、70歳以上の人の医療費の自己負担額は、一般が1割で、現役なみの収入がある人は2割でした。今回、この現役なみの収入がある人の医療費の自己負担額が3割になります。

また、課税所得が145万円以上の人に対しての医療費の自己負担割合が3割になります。課税所得が145万円以上という課税所得の金額に変更はありませんが、今年の8月から税制改革で老年者控除の廃止、公的年金等控除の縮小がされた為に、実質、課税所得が145万円になる人が増えます。

この為、今までは、医療費の自己負担が1割であった人が、2006年10月1日から医療費の自己負担が3割になる人も出てくる事になります。

また、収入による基準も下記のように引き下げられましたので、医療費の自己負担額が3割に該当する人が増える事になります。


●医療費の自己負担率が3割になる人

・70歳以上の人が複数人数で暮らしている場合
収入額:520万円以上

・70歳以上で一人で暮らしている場合
収入額:383万円


2006年10月01日 00:18