健康保険について

生命保険を考えるうえで、健康保険のことを知っておく必要があります。健康保険のことを知っておけば必要以上の生命保険に入る必要がなくなります。

国民健康保険

国民健康保険は、会社などに勤めていて健康保険組合などの勤め先で健康保険に加入していない人が加入する健康保険です。つまり、自営業者や独立してフリーで仕事をしている人が加入する事ができるものです。ここでは、この国民健康保険についての基礎について説明していますので、参考にして頂ければと思います。

健康保険で医療費が戻ってくる

健康保険では、健康保険が適用範囲の治療を受けた場合に、ある一定額以上の治療費が戻ってくる制度があります。この制度は、1ヶ月の医療費の自己負担額の限度が決まっていて、この金額を超えて支払った金額は返ってきます。お金を返してもらうには、申請が必要になります。

高額療養費制度

高額療養費制度とは、健康保険の制度のひとつです。健康保険の額療養費制度を利用する事で、もし、病気やケガなどをして、入院した場合の医療費の費用の自己負担する金額の限度が決まっている制度です。つまり、健康保険の範囲内での治療を受ける事が前提ですが、1ヶ月当たりの自分自身での医療費の支払いに限度額が設けられていますので、病気やケガをした場合でも、あまりにも高額な請求が来ないようになっています。

このような制度の事を高額療養費制度と言います。医療保障の見直しを行なう場合には、この高額療養費制度についても理解をしておかないと必要以上の保障を付けてしまう事になりますので、ぜひ、高額療養費制度について確認しておいてください。

定年退職後の健康保険(医療保険)

定年退職後の健康保険は、今まで加入していた健康保険の資格が無くなる為に、自分で新しく健康保険に加入する手続きをする必要があるかもしてません。

医療費の自己負担率の制度変更

ここでは、2006年10月1日からの医療費の自己負担率の制度変更について説明しています。

高額療養費制度の変更点

ここでは、高額医療費の制度の変更について説明しています。