安全な生命保険会社とは?

ソルベンシー・マージン比率とは?

・スポンサードリンク

ここで説明している安全な生命保険会社を見つける方法として、紹介しておきたいのが、ソルベンシー・マージン比率という指標を利用した確認方法です。ソルベンシー・マージン比率とは、金融庁が保険会社を監督する時に利用している指標です。

あなたが見直しを行う場合に、このソルベンシー・マージン比率も確認しておくと、破綻しにくい会社を確認する事ができます。もし、見直しを行なう場合に、どの会社と契約するかの指標としてみてはいかがでしょうか。



ソルベンシー・マージン比率とは、支払い余力の意味であり、生命保険会社の将来の保険金支払いに対する余力を表しています。


ソルベンシー・マージン比率は、比率が200%未満になったと認定された時点で、監督当局により早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。


基本的に、ソルベンシー・マージン比率が200%以上であれば、その生命保険会社は、健全性についての一つの基準を満たしていることになります。


【ソルベンシー・マージン比率を確認する】

ソルベンシー・マージン比率を確認するには、下記のインズウェブのサイトで確認ができます。
こちらへ (別ウインドウで見れます)

ソルベンシー・マージン比率は、毎年の決算時に発表が義務付けられていますので、現在加入している生命保険会社やこれから加入しようと考えている生命保険会社のソルベンシー・マージン比率を調べておくといいでしょう。






次は、「生命保険会社が破綻した場合」

2006年05月09日 00:14