生命保険の払い方で生命保険料を安くする

生命保険の支払い方法を工夫する

・スポンサードリンク

ここでは、生命保険の支払い形態を工夫する事によって、生命保険にかかる費用を安くする方法を説明しています。ここで説明している方法を利用する事で、生命保険の為に支払う掛け金の総金額を安くする事が可能になります。

また、ここで説明している方法には、数通りの支払い方を説明していますので、生命保険の見直しを行なう時に、自分に合った方法を利用するようにすると、少しでも、生命保険にかかる費用を安くする事ができるようになりますので、参考にして頂ければと思います。

また、生命保険の見直しと同時に支払い方法についても見直しを行なう事をオススメしますし、生命保険支払い方法のみの見直しを行なうのも良い事だと思います。

まずは、生命保険についての考え方ですが、基本的には、住宅ローンや車のローンと同じようなものだと思ってください。
あなたが、例えば「3000万円」の保障の生命保険に加入したとします。
この場合、「3000万円」の保障を購入したという事になります。


住宅や車のローンの場合、ローンの返済期間を長くすればするほど、毎月の返済額は少なくなりますが、返済期間が延びて、総額の返済額は高くなります。
また、返済期間を短くすれば、毎月の返済額は多くなりますが、総額の返済額は少なくなります。


生命保険についても住宅や車のローンと同じような事が可能です。


一般的な生命保険の保険料の支払い方法は、毎月支払う方法です。
多くの方がこの方法を利用していると思います。
しかし、ある一定の金額をまとめて払う事で生命保険の保険料が安くなります。
まとめて生命保険の保険料を支払う方法は、下記の通りです。

【生命保険料の支払い方法】

  ・一時払い
  ・前納
  ・年払
  ・半年(ボーナス)払い
  ・頭金制度


【一時払い】

生命保険の契約時に一括で生命保険料を支払う方法です。
この為、この方法が一番、生命保険料を安くする事ができます。



【前納】

生命保険の保険料を数回分(数ヶ月分)まとめて支払う方法です。



【年払】

1年分の生命保険料をまとめて支払う方法です。



【半年(ボーナス)払い】

半年に1回、年に2回に分けて生命保険料を支払う方法です。
ボーナスを利用した生命保険の支払いをする方が多い為、「ボーナス払い」とも言われます。



【頭金制度】

契約時に生命保険の保険料の一部を頭金として支払う方法です。





このように、毎月支払う以外にも生命保険の保険料の支払い方法には、色々な種類があります。「一時払い」は難しいとしても、数回分や1年分の保険料をまとめて支払う事で、あなたが支払う保険料を下げる事ができます。





次は、「保険料の支払いは、口座振替?現金払い?」

2006年05月08日 18:24