知って得する既存の生命保険をいかした見直し方

生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

・スポンサードリンク

ここでは、「契約転換制度」について説明します。
「契約転換制度」とは、生命保険を下取りに出して、新しい生命保険に入る時に充当する方法を「契約転換制度」といいます。

この「契約転換制度」についてのポイントを説明しています。また、「契約転換制度」を利用する時には、今までの生命保険の保障は無くなり、新しい生命保険に加入する事になりますので、普通に解約した場合との違いについても説明しています。

また、ここでは、「契約転換制度」を利用する時の注意点についても説明していますので、「契約転換制度」を利用する前に確認しておいてください。

「契約転換制度」には、何種類かの種類がありますので、この「契約転換制度」の種類についても説明しています。

もし、生命保険の見直し時に、「契約転換制度」を利用しようと考えている場合なら、「契約転換制度」を実行する前に、ここで「契約転換制度」の内容を確認しておく事をオススメします。

「契約転換制度」とは、現在加入している生命保険を下取りにだして新たに加入する生命保険に充当します。つまり、新しい生命保険の頭金にするような感じになります。そして、新しい生命保険に入ることで、現在のあなたの状況に合った保障内容が充実した生命保険に入る事ができます。


契約転換制度の種類には、3つの方法があります。
この種類別の説明は、このページの下の方で説明しています。




【ポイント】

・現在の生命保険を解約せずに下取りに出し、下取りの金額を新しい契約の
 一部に充当します。
・契約転換を行った時点で、今までの加入していた生命保険は消滅します。
・契約転換制度による下取りに出した金額が新たに加入する生命保険に
 どれだけ充当できるかは、保険会社により異なります。
・普通に新規に加入した生命保険に比べ、生命保険の保険料が安くなります。
・新たに、告知または診査が必要になります。




【解約との違い】

・生命保険を解約した時に戻ってくる「解約返戻金」よりも、契約転換を行った時の
 「転換価格」のほうが金額が多いです。
・長期に生命保険の契約を継続した場合の特別配当が新しい生命保険に引き継がれます。
・告知義務に違反があった場合に新たに加入している場合は、契約解除になりますが、
 契約転換の場合は、前の契約していた生命保険に戻すことが可能です。




【注意点】

・転換時の年齢で、生命保険の保険料が計算しなおされます。
・予定利率が高い時期に加入した生命保険の場合は、予定利率が下がる場合がある。
・現在加入している生命保険会社でしか利用ができません。

契約転換制度を利用する場合は、現在の契約内容と新しい転換後の契約内容を隅々まで確認してから実行に移しましょう。




【契約転換制度の種類】
下記では、「定期保険特約付終身保険を例にしています。



【基本転換】
・終身保険部分のみに充当します。
・終身保険の保険料の負担が軽減されます。
・定期保険特約の保険料の負担は軽減されません。
・他の転換と比べると、保険料は高くなります。
・他の転換方法と比べると、返戻金の金額は多くなります。

基本転換



【比例転換】
・終身保険部分、定期特約保険部分に一定の割合で充当されます。
・終身保険部分、定期特約保険部分の両方の保険料が軽減されます。
・終身保険部分、定期特約保険部分に充当する割合も変えられます。
・基本転換に比べ、割安な保険料になりますが、返戻金の額は少なくなります。
・定特転換に比べ、返戻金の額は多くなりますが、保険料は高くなります。

比例転換



【定特転換】
・定期特約保険部分のみに充当します。
・定期特約の保険料の負担が軽減されます。
・終身保険部分の保険料の負担は軽減されません。
・他の転換と比べると、返戻金は少なくなります。
・転換部分の返戻金は、次の更新時にゼロになります。
・一定期間の保険料が安くなります。
・一定期間充実した保障が必要な場合に適しています。

定特転換



最後に、契約転換制度を利用する事で、メリットも多々ありますが、デメリットもありますので、今まで契約していた生命保険の契約内容が消滅しますので、契約転換を利用するかどうかは、十分に検討されてから実施される事をオススメします。






次は、「追加契約」

2006年05月08日 00:57