知って得する既存の生命保険をいかした見直し方

知って得する既存の生命保険をいかした見直し方

・スポンサードリンク

生命保険の見直しを行なう時に、現在加入している生命保険があなたに合っていなかった場合は、すぐに解約をして、新しい生命保険に加入しようかと思われるかもしてません。しかし、既存の生命保険をすぐに解約してはいけません。もしかしたら、既存の生命保険をいかした生命保険の見直し、比較が行なえるかもしれません。

ここでは、現在加入している生命保険を活用した生命保険の見直し比較の方法について説明しています。生命保険の見直しや比較を行なう場合に、一度、確認してみてはいかがでしょう。



既存の生命保険を見直す時には、下記の6つの方法で既存の生命保険を生かした見直し方法があります。



・契約転換制度
・追加契約
・減額
・中途増額
・払済保険
・延長保険


【契約転換制度】

現在加入している生命保険を下取りにだして新たに加入する生命保険に充当する方法です。
詳しくはこちらへ



【追加契約】

現在加入している生命保険に不足している保障を新たに新しい生命保険に加入する方法です。
詳しくはこちらへ



【減額】

現在加入している生命保険で保障が不要になった部分の保障額を減らす方法です。
詳しくはこちらへ



【中途増額】

現在加入している生命保険ので保障で足りない保障額を増額する方法です。
詳しくはこちらへ



【払済保険】

現在加入している生命保険の保険料の支払いをやめて、その時の解約返戻金を元に保障額の小さな生命保険に入りなおす方法です。
詳しくはこちらへ



【延長保険】

現在加入している生命保険の保険料の支払いをやめて、その時の解約返戻金で保険契約を継続する方法です。
詳しくはこちらへ





では、次からそれぞれの方法について詳しく説明していきます。
「契約転換制度」

2006年05月07日 23:31