知って得する既存の生命保険をいかした見直し方

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なう場合、または、既に生命保険に加入している人にとって、既存の生命保険をいかした見直し、比較が行なえるお得な情報について説明しています。

知って得する既存の生命保険をいかした見直し方

生命保険の見直しを行なう時に、現在加入している生命保険があなたに合っていなかった場合は、すぐに解約をして、新しい生命保険に加入しようかと思われるかもしてません。しかし、既存の生命保険をすぐに解約してはいけません。もしかしたら、既存の生命保険をいかした生命保険の見直し、比較が行なえるかもしれません。

ここでは、現在加入している生命保険を活用した生命保険の見直し比較の方法について説明しています。生命保険の見直しや比較を行なう場合に、一度、確認してみてはいかがでしょう。

生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

ここでは、「契約転換制度」について説明します。
「契約転換制度」とは、生命保険を下取りに出して、新しい生命保険に入る時に充当する方法を「契約転換制度」といいます。

この「契約転換制度」についてのポイントを説明しています。また、「契約転換制度」を利用する時には、今までの生命保険の保障は無くなり、新しい生命保険に加入する事になりますので、普通に解約した場合との違いについても説明しています。

また、ここでは、「契約転換制度」を利用する時の注意点についても説明していますので、「契約転換制度」を利用する前に確認しておいてください。

「契約転換制度」には、何種類かの種類がありますので、この「契約転換制度」の種類についても説明しています。

もし、生命保険の見直し時に、「契約転換制度」を利用しようと考えている場合なら、「契約転換制度」を実行する前に、ここで「契約転換制度」の内容を確認しておく事をオススメします。

既存の契約に追加する方法(追加契約)

ここでは、「追加契約」について説明します。
「追加契約」とは、現在の生命保険の契約にプラスして、新しい生命保険の契約を行う方法を「追加契約」といいます。

もし、「追加契約」を利用して生命保険の見直しをしようと考えているのなら、「追加契約」を実行する前に、ここで「追加契約」の内容を確認して、見直し時にいかしてみる事をオススメします。

保障額を下げる方法(減額)

ここでは、「減額」について説明します。
「減額」とは、今までの保障では、十分過ぎるため、保障内容を下げる場合に利用する方法を「減額」といいます。

もし、「減額」を利用して生命保険の見直しをしようと考えているのなら、「減額」を実行する前に、ここで「減額」の内容を確認して、見直し時にいかしてみる事をオススメします。

契約途中から保障内容を手厚くする方法(中途増額)

ここでは、「中途増額」について説明します。
「中途増額」とは、今までの保障内容では、十分な保障で無かった場合に、契約途中の生命保険で保障内容を手厚くする方法を「中途増額」といいます。

もし、「中途増額」を利用して生命保険の見直しをしようと考えているのなら、「中途増額」を実行する前に、ここで「中途増額」の内容を確認して、見直し時にいかしてみる事をオススメします。

保険料が払え無いが保険期間を維持する方法(払済保険)

ここでは、「払済保険」について説明します。
生命保険の支払いが困難になったが、保障内容が下がっても、生命保険の保障期間を維持したい場合に利用できる制度です。生命保険の支払いに困った場合に利用してみてはいかがでしょう。

保険料が払え無いが今の生命保険をできるだけ維持する方法(延長保険)

ここでは、「延長保険」について説明します。
生命保険の支払いが困難になったが、できるだけの期間の間、今の生命保険の保障を維持したい時に利用出来る制度です。生命保険の支払いに困った場合に利用してみてはいかがでしょう。

生命保険の保険料が割安になる制度・商品の紹介


ここでは、生命保険に加入する場合に保険料の割引を受ける事が出来る制度や商品などについて紹介しています。生命保険ぶ加入しようとか、見直しをしようと思った時にここで紹介している内容を参考にして貰えればと思います。