生命保険と税金

保険金を受け取った時の税金

・スポンサードリンク

ここでは、生命保険にかかる税金について見ていきます。
加入している生命保険の種類によっては、税金が課税されない種類の生命保険もあります。
ここでは、このように、どのような生命保険が税金の対象になるのか、ならないのかを説明しています。また、税金の種類にもどのような税金が有るのかを説明しています。

ここで、説明している内容を生命保険の見直し時にお役に立てて頂ければと思います。



保険金を受け取ることにより、税金がかかることがあり、受け取り方により税金の種類が違ってきます。この税金の違いにより、支払う税額が大きく違ってきます。
また、どの税金が対象になるかは、保険金の種類や契約形態により異なります。
なお、税金の計算をするにあたり、基礎控除や特別控除などがあるため、税金を払わなくてよい場合もあります。

【税金がかかる生命保険とかからない生命保険の種類】

税金がかかる生命保険の保険金

保険金がかかる生命保険には、

  ・死亡保険金
  ・満期保険金
  ・個人年金保険の年金
  ・解約返戻金
  ・祝金・生存給付金

などがあります。


税金がかからない生命保険の保険金

保険金がかからない生命保険には、

  ・入院時の給付金
  ・通院時の給付金
  ・手術時の給付金
  ・高度障害保険金
  ・特定疾病保険金
  ・リビングニーズ特約保険金
  ・介護年金
  ・介護一時金

などがあります。


【契約形態と税金の種類】

契約形態には、契約者、被保険者、受取人の関係になります。
例えば、契約者が夫で保険金の受取人が妻である場合と夫の親である場合で違ってきます。
また、この契約形態と保険の種類(「死亡保険金」、「満期保険金」、「個人年金保険」)により、かかる税金の種類が違ってきます。
税金の種類は、下記のようになります。

【税金の種類】

  ・相続になる場合
  ・一時所得になる場合
  ・雑所得になる場合
  ・贈与になる場合


このように4つの税金があります。
では、どのような時にどの税金がかかってくるのでしょうか。
その点については、次のページの「契約形態と保険の種類による税金のかかり方の違い」で紹介したいと思います。






では、次は、どのような税金がかかるかを詳しく説明していきます。
「契約形態と保険の種類による税金のかかり方の違い」

2006年05月10日 01:00