生命保険と税金

ここでは、生命保険に関わる税金について説明しています。 税金には、支払う税金と、戻ってくる税金があります。この2つの税金について理解しておく事で、生命保険の見直しを行なう場合に税金の面まで考慮して見直しを行なう事をオススメします。

生命保険と税金

ここでは、生命保険にまつわる税金について説明しています。
生命保険にまつわる税金には、税金を支払うものや所得税などが安くなり、税金が戻ってくるものがあります。生命保険の見直しを行なう場合に、税金に関しても一緒に見直しを行なえるように学んでおく事をオススメします。

税金が戻るケース(生命保険料控除)

ここでは、生命保険料を支払って所得税と住民税が安くなる方法について説明しています。
と言っても、「生命保険料控除」の事ですが・・・。
「生命保険料控除」を受ける事により税金が戻るケースにもなります。
ここでは、この税金が戻ってくるケースについて説明しています。

保険金を受け取った時の税金

ここでは、生命保険にかかる税金について見ていきます。
加入している生命保険の種類によっては、税金が課税されない種類の生命保険もあります。
ここでは、このように、どのような生命保険が税金の対象になるのか、ならないのかを説明しています。また、税金の種類にもどのような税金が有るのかを説明しています。

ここで、説明している内容を生命保険の見直し時にお役に立てて頂ければと思います。

契約形態と生命保険の種類による税金のかかり方の違い

ここでは、生命保険の種類と契約形態により、どのような税金が課税されるのかを説明しています。
生命保険は、契約者と受取人を誰にするかによって、課税される税金が違ってきます。この為、生命保険の見直しや加入を行う時に、契約者と受取人は、気をつけて加入する必要がります。

また、既に生命保険に加入している人は、契約者と受取人の関係を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

生命保険の税金の計算方法

ここでは、生命保険に関係してくる、税金の計算方法について説明しています。
詳しくは、「相続税」、「一時所得」、「雑所得」、「贈与税」の税金の計算方法になります。
この、それぞれの税金がどのように計算されるのか、また、それぞれの税金の控除額も説明しますので、あなたの場合には、どれくらいの税金が課税されるのか参考にして頂ければと思います。

また、生命保険の見直しを行なう場合にも、税金がどれくらい課税されるかも計算して、税金を含めた見直しをしておく事をオススメします。