生命保険の見直し方(ステップ形式)

Step6 既存の生命保険を生かした見直し方

・スポンサードリンク

生命保険の見直しや比較を行なう時に、現在加入している生命保険があなたに合っていなかった場合は、すぐに解約を考えてはいけません。

それは、なぜかと言いますと、現在加入している生命保険を活かした生命保険の見直し方法があるからです。ここで紹介している生命保険の見直し方法を利用するかどうかは別にして、とりあえずどのような方法があるかを知っておいてだけでも、どのような生命保険の見直しや比較が可能であるのかを知る事ができます。

もし、生命保険の見直しや比較に利用できるようでしたら、現在の契約内容を利用してみてはいかがでしょう。また、生命保険の見直しを行なうに当たり、新しい生命保険のプラント、現在の生命保険を活用した方法を比較するのも良い方法であると思います。



既存の生命保険を見直す時には、下記の6つの方法で既存の生命保険を生かした見直し方法があります。



・契約転換制度
・追加契約
・減額
・中途増額
・払済保険
・延長保険


【契約転換制度】

現在加入している生命保険を下取りにだして新たに加入する生命保険に充当する方法です。
詳しくはこちらへ



【追加契約】

現在加入している生命保険に不足している保障を新たに新しい生命保険に加入する方法です。
詳しくはこちらへ



【減額】

現在加入している生命保険で保障が不要になった部分の保障額を減らす方法です。
詳しくはこちらへ



【中途増額】

現在加入している生命保険ので保障で足りない保障額を増額する方法です。
詳しくはこちらへ



【払済保険】

現在加入している生命保険の保険料の支払いをやめて、その時の解約返戻金を元に保障額の小さな生命保険に入りなおす方法です。
詳しくはこちらへ



【延長保険】

現在加入している生命保険の保険料の支払いをやめて、その時の解約返戻金で保険契約を継続する方法です。
詳しくはこちらへ




では、次は、「Step6-1 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)」

2006年04月14日 17:40