生命保険の見直し方(ステップ形式)

Step3-2-3 残りの収入・預貯金の確認

・スポンサードリンク

前のステップでは、生命保険の見直しや比較時に大切となる遺族年金について見てきました。
ここで行なう生命保険の見直しや比較時に必要になる事は、遺族年金以外の収入についてです。
遺族年金以外の収入について、下記のものについて、説明させて頂きます。

  (2)妻の年金
  (3)企業からの保障
  (4)妻の収入
  (5)預貯金
  (6)その他の収入

ここで、これらの収入金額や預貯金の金額を抑えておく事で、生命保険の見直しや比較を行なうさいに、必要以上の生命保険の保障額を準備する必要が無くなる為、生命保険に必要となる費用を節約する事が可能になります。

【(2)妻の年金】

妻の年金額ですが、

妻が働いている場合は、厚生年金になります。

厚生年金の計算は、複雑になりますので、今回は、簡単に求められる

国民年金の金額を利用します。


国民年金から貰える年額は、79万7000円になります。
(平成16年度価格)


65歳から貰えるとして、85歳まで生きるとします。

20年間もらえるとすると

  79万7000円 × 20年 = 15,940,000円

つまり、約1500万円になります。


【(3)会社からの保障】

夫が会社に勤めている人であれば、夫が死亡した場合は、会社から

 ・死亡退職金

 ・見舞金

などがあります。


これらのものは、退職金規定に載っていると思うので調べてみてください。

また、会社の総務部や人事部などに聞いてみるのもいいでしょう。



【(4)妻の収入】

現在、働いている場合は、簡単に金額が分かりますが、

専業主婦の場合は、これから働き出すので、金額が分からないと思います。

ここでは、とりあえずの金額でいいので、パートなどに行くとして、

月8万円の収入を得るとして、年間100万円になると思います。


とりあえずの妻の収入額が決まったら、それを生涯働ける年数を考え、

生涯年収を計算します。

例)
 年収    100万円
 働ける年数  20年間

100万円 × 20年間 = 2000万円


つまり、この場合は、妻の一生涯の年収は、2000万円になります。



【(5)預貯金など】

現在、銀行に預けている預貯金や株や投資信託などを

確認して総額を計算してください。




【(6)その他の収入】

その他の収入では、今までに確認した収入以外のもので

何かありましたが、合計金額を計算してください。




では、次は、死亡保障で必要な金額を見ていきます。
「Step3-3-3 死亡保障で必要な金額の計算」へ

2006年04月10日 18:00