生命保険の見直し方(ステップ形式)

Step3 生命保険の必要な保障内容と保障期間から、必要な保障額を明確にする

・スポンサードリンク

ここでは、あなたに必要な生命保険の保障内容と保障期間から、必要な保障額を明確にしていきます。
生命保険で、どのような保障が必要であるか、おおまかにではありますが、「Step2 生命保険の加入目的を明確にしよう」で確認できたと思います。

今度は、実際にどれくらいの生命保険の見直し時に大切になる、生命保険の保障金額が必要であるかを順番に見ていきます。



では、あなたに必要な保障内容を「Step2 生命保険の加入目的を明確にしよう」の復習も含めて、再度、見てみましょう。


今度は、順を追って、詳しく見ていきます。



では、一般的に一番に考えておくべき保障とは、死亡保障です。

一家の大黒柱である夫が不慮の事故などで亡くなった場合の保障です。

一家の大黒柱である夫が亡くなった場合は、家族にとって経済的に辛くなります。

この場合を考えていきましょう。


【死亡保障時に必要な内容】


【これから必要な金額(支出)】


【3-1-1 生活費の計算方法】

家族の生活費は、下記の通りに2つに分けて考えます。

  (1)末っ子が大学を卒業するまでの生活費

  (2)妻の残った人生の生活費


これで、生活費の総額を算出します。

ここでの生活費には、家賃や住宅ローンは入れません。

家賃や住宅ローンのような住居にかかる費用は、別項目で考えます。

生命保険で用意する必要がある生活費の保障額を算出します。


【3-1-2 生活費の計算方法】

次に上記の生活費以外の費用を計算します。

  (3)子供の教育費用

  (4)子供の結婚の援助

  (5)住居費(住宅ローン・家賃)

  (6)葬式にかかる費用

  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)

  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)




【3-2 これからの収入・預貯金の金額】

ここからは、夫が亡くなってからの収入と預貯金を扱います。

  (1)「遺族年金」、「遺族厚生年金」の計算

  (2)妻の年金

  (3)会社からの保障

  (4)妻の収入

  (5)預貯金など

  (6)その他の収入




【3-3 死亡保障で必要な金額の計算】

  (1)必要な保障額の計算

【これから必要な金額(支出)】【これからの収入・預貯金の金額】から

あなたに必要な死亡保障額を算出します。


このような項目について、次のページから具体的に見ていきます。  
「Step3-1-1 生活費の計算方法」へ

2006年04月09日 09:36