生命保険の見直し方(ステップ形式)

生命保険の見直しや比較を行なうに当たって、おさえておくべきこと、どのように考え、選ぶべきか。 ここでは、このような点について学び、あなたにあった生命保険の見直しや比較を行なう時の選択方法を伝授していきます。

ステップ形式で生命保険の見直しを行う事で、より、生命保険の見直しや比較に取り組みやすくなっていると思います。

生命保険の見直しの流れ

生命保険の見直しを行うにあたり、まずは、生命保険の見直し型の流れを見ていきます。
ここで、生命保険の見直しの流れを抑えておく事で、これからどのような事を行なって、生命保険の見直しや比較が出来るようになっていくかを理解する事が出来ると思います。


Step1 生命保険の見直しの必要性

「日々の家計の節約って結構大変ですよね!」

日々の買い物や電気代などの出費は気にするのに、生命保険の出費は気にしないのですか?
生命保険は、一生涯で数千万円を必要とする住宅に次ぐ大きな買い物です。
日々の生活の節約も大切ですが、大きな買い物である生命保険の見直しも必要ではないでしょうか?

ここでは、このように実は、高額な買い物である生命保険の見直しを行なう時に必要性について見ていきます。

Step2 生命保険の加入目的を明確にしよう

生命保険を見直したり、加入する時には、何か目的があったと思います。
その目的を再度、考える事により、現在では、必要な目的、必要では無い目的があるかを見ていきます。また、生命保険の見直しを行なう前に、再度、確認する事で、本当は必要であったのに、忘れていた生命保険の加入目的も思い出す事が出来ると思います。

また、ここで説明している「生命保険の加入目的」を読んで、実際にシートに記入することで、あなたが気付いていなかった生命保険の加入目的が見えてくるかもしれません。

Step3 生命保険の必要な保障内容と保障期間から、必要な保障額を明確にする

ここでは、あなたに必要な生命保険の保障内容と保障期間から、必要な保障額を明確にしていきます。
生命保険で、どのような保障が必要であるか、おおまかにではありますが、「Step2 生命保険の加入目的を明確にしよう」で確認できたと思います。

今度は、実際にどれくらいの生命保険の見直し時に大切になる、生命保険の保障金額が必要であるかを順番に見ていきます。

Step3-1-1 生活費の計算方法

ここでは、夫が亡くなった以降に必要な【生活費の計算】方法を説明します。
エクセルのファイルをダウンロードすると自動的に計算を行いますので簡単に計算が出来ます。

生命保険の見直しを行なうに当たり、生命保険の死亡保障で準備する必要がある中には、遺族の生活費があります。ここでは、この遺族の為の生活費をいくら必要になるかを見ていきます。ここで計算する生活費については、生命保険の見直しを行なうに当たり大切になる項目になります。

Step3-1-2 日々の生活費以外の費用

ここでは、生命保険の見直しを行うに当たり、必要となる費用を計算していきます。
具体的には、次の日々の生活費以外に必要な下記の費用を見ていきます。

  (3)子供の教育費用

  (4)子供の結婚の援助

  (5)住居費(住宅ローン・家賃)

  (6)葬式にかかる費用

  (7)一時的に必要となる費用(貯蓄)

  (8)ローンなどの借金(住宅ローン以外)

Step3-2   これからの収入・預貯金の金額

【これからの収入・預貯金の金額】

ここからは、夫が亡くなってからの収入と預貯金を扱います。
一家の大黒柱である、夫が亡くなった以降では、どれぐらいの収入があるのか、預貯金があるのかを見ていきます。ここでどれくらいの収入額があるか、預貯金があるかを把握しておく事で、生命保険の見直しを行なった場合に、必要以上の保障額を準備しないですむようになります。

Step3-2-1 遺族年金の計算方法(国民年金加入者

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なう時に必要となる金額のひとつである、遺族年金について見ていきます。ここで遺族年金の金額を把握しておく事で、生命保険の見直しや比較を行なった時に必要以上に生命保険の保障額を準備する必要が無くなります。

【遺族年金の計算(国民年金加入者)】

遺族年金の計算方法について説明させて頂きます。


遺族年金とは、年金加入者が不幸にも亡くなった場合に残された家族に60〜65歳になる前に貰える年金のことです。一家の大黒柱が亡くなった時に残された家族にとっての生活費の確保の一部に使える制度です。


さて、遺族年金と言っても、国民年金、厚生年金のように加入している年金により計算方法に違いがでます。

ここでは、国民年金に加入している方について説明させて頂きます。


 ・国民年金に加入している人とは?
    自営業やフリーなどの人


厚生年金に加入されている方は、会社員の人になります。
こちらは、「Step3-2-2 遺族年金の計算方法(厚生年金加入者)」で説明します。

Step3-2-2 遺族年金の計算方法(厚生年金加入者)

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なう時に必要となる金額のひとつである、遺族年金について見ていきます。ここで遺族年金の金額を把握しておく事で、生命保険の見直しや比較を行なった時に必要以上に生命保険の保障額を準備する必要が無くなります。

【遺族年金の計算(厚生年金加入者)】

遺族年金の計算方法について説明させて頂きます。

遺族年金と言っても、国民年金、厚生年金のように加入している年金により
計算方法に違いがでます。

ここでは、厚生年金に加入している方について説明させて頂きます。

 ・厚生年金に加入している人とは?
    会社員の人になります。サラリーマン、OLって人ですね。

国民年金に加入されている方は、自営業、フリーで仕事をしている人になります。
こちらは、「Step3-2-1 遺族年金の計算方法(国民年金加入者)」で説明します。

Step3-2-3 残りの収入・預貯金の確認

前のステップでは、生命保険の見直しや比較時に大切となる遺族年金について見てきました。
ここで行なう生命保険の見直しや比較時に必要になる事は、遺族年金以外の収入についてです。
遺族年金以外の収入について、下記のものについて、説明させて頂きます。

  (2)妻の年金
  (3)企業からの保障
  (4)妻の収入
  (5)預貯金
  (6)その他の収入

ここで、これらの収入金額や預貯金の金額を抑えておく事で、生命保険の見直しや比較を行なうさいに、必要以上の生命保険の保障額を準備する必要が無くなる為、生命保険に必要となる費用を節約する事が可能になります。

Step3-3 死亡保障で必要な金額の計算

ここでは、生命保険の見直しや比較時に必要となる、生命保険の死亡保障の保障額について見ていきます。ここで説明している内容は、今までの生命保険の見直しや比較のステップを踏まえて行ないますので、今までの生命保険の見直しや比較のステップを行なっていない人は、まず実施してください。

今までの生命保険の見直しや比較のステップをこなしていれば、ここで行なう作業は簡単なものになります。

ここで行なっている、生命保険の見直し作業は、

  (1)生命保険で必要な保障額の計算

です。

これは、【これから必要な金額(支出)】【これからの収入・預貯金の金額】からあなたに必要な生命保険の死亡保障額を算出する方法です。ここで算出した生命保険の保障額が生命保険の見直しや比較を行なう場合に、利用する金額になります。

Step3-4 入院時に必要な費用

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なう時に必要となる、病気やケガ等で、入院した時に必要となる費用をご紹介します。この入院時に必要になる費用は、生命保険の医療保障の部分の見直しや比較時に必要になる知識です。ここでの内容を踏まえて、生命保険の医療保障の見直しや比較に活用して頂ければと思います。

Step4 生命保険の保障期間を確定する

今までに、生命保険の見直しや比較時に必要となる生命保険で準備する必要がる保障内容と保障金額を見てきました。ここでは、この生命保険で必要な保障内容と保障金額を元に生命保険で準備する保障期間を見ていきます。

この生命保険の保障期間に重点を置いて見ていくことにより、どの時期にどのような生命保険の保障が必要なのか知る事ができます。これにより、どのように生命保険に加入すれば良いかが分かってきますので、生命保険の見直しや比較時に役に立つと思います。

Step5 加入中の生命保険の契約内容を確認する

今までの作業で、生命保険の見直しや比較を行なう時に、あなたにとって必要な生命保険の保障がどのようなものかが分かってきたと思います。ここでは、あなたが現在、加入中の生命保険の種類と保障内容を確認していきます。

あなたの現状の生命保険の種類と保障内容を確認することにより、この次のステップの「Step6 既存の生命保険を生かした見直し方」で、あなたに適切な生命保険の見直しや比較にいかしていきます。


 ・保険証書が見当たらない
 ・とりあえず、早く自分にあった生命保険を調べたい
 ・まだ、生命保険に加入していない

という方は、ここを飛ばし、Step6 既存の生命保険を生かした見直し方」へ行って頂いてもいいです。

Step6 既存の生命保険を生かした見直し方

生命保険の見直しや比較を行なう時に、現在加入している生命保険があなたに合っていなかった場合は、すぐに解約を考えてはいけません。

それは、なぜかと言いますと、現在加入している生命保険を活かした生命保険の見直し方法があるからです。ここで紹介している生命保険の見直し方法を利用するかどうかは別にして、とりあえずどのような方法があるかを知っておいてだけでも、どのような生命保険の見直しや比較が可能であるのかを知る事ができます。

もし、生命保険の見直しや比較に利用できるようでしたら、現在の契約内容を利用してみてはいかがでしょう。また、生命保険の見直しを行なうに当たり、新しい生命保険のプラント、現在の生命保険を活用した方法を比較するのも良い方法であると思います。

Step6-1 生命保険を下取りに出す方法(契約転換制度)

生命保険の見直しを行なうに当たり、「契約転換制度」を利用すると良い場合があります。この「契約転換制度」とは、生命保険を下取りに出して、新しい生命保険に入る時に充当する方法を「契約転換制度」といいます。ここでは、この「契約転換制度」について説明しています。

Step6-2 既存の契約に追加する方法(追加契約)

生命保険の見直しや比較を行なう場合に、「追加契約」を利用する方法もあります。「追加契約」とは、現在の生命保険の契約にプラスして、新しい生命保険の契約を行う方法です。ここでは、この「追加契約」について説明します。

Step6-3 保障内容を下げる方法(減額)

生命保険の見直しや比較を行なうに当たり、「減額」を利用する方法もあります。この「減額」とは、今までの保障金額では、十分過ぎる場合に、保障金額を下げる場合に利用します。ここでは、この「減額」について説明します。

Step6-4 契約途中から保障内容を手厚くする方法(中途増額)

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なうに当たり、「中途増額」を利用する方法を紹介しています。「中途増額」とは、今までの保障内容では、十分な保障で無かった場合に、契約途中の生命保険で保障内容を手厚くする方法です。ここでは、この「中途増額」について説明します。

Step6-5 保険料が払え無いが保険期間を維持する方法(払済保険)

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なうに当たり、「払済保険」を利用する方法を紹介しています。この「払済保険」とは、生命保険の保険料の支払いが困難になったが、保障内容が下がっても、保険の期間を維持したい場合に利用できる制度です。ここでは、この「払済保険」について説明します。

Step6-6 保険料が払え無いが今の生命保険をできるだけ維持する方法(延長保険)

ここでは、生命保険の見直しや比較を行なうに当たり、「延長保険」を活用する方法を紹介しています。この「延長保険」とは、生命保険の保険料の支払いが困難になったが、できるだけの期間の間、今の生命保険の保障を維持したい時に利用出来る制度です。
ここでは、この「延長保険」について説明します。

Step7 どのように生命保険を見直すか考える

ここでは、どのような手順で生命保険の見直しを行っていくかを私なりの方法をご説明いたします。
確実な生命保険の見直しや比較を行なうに当たり参考にして頂ければと思います。

Step8 無料で数社の生命保険の情報を集める

ここでは、無料でどのような生命保険があるのかの情報を集めます。
生命保険の見直しや比較を行なう場合には、できるだけ多くの情報を集めて、比較検討をする事も必要な要素のひとつになります。

Step9 無料・勧誘が無い、専門家であるファイナンシャル・プランナーに相談をする

自分で生命保険の見直しや比較をしたが、何か不安があり、生命保険を選べない場合は、やはり、専門家に相談すべきです。しかし、生命保険会社の営業マンに、生命保険の見直しや比較の相談すると自社の商品を進められるだけです。そのような事にならない生命保険の見直し方法を、ここでは、ご紹介します。

Step10 生命保険の今後の見直すタイミング

ここでは、生命保険の見直しや比較を行ない、実際に生命保険に加入した後に、今後、どのようなタイミングで、再度、生命保険の見直しをする必要があるかを説明します。

生命保険の見直しや比較は一度で終わりではありません。必要なタイミングで再度、生命保険を見直したり比較を行なう事は大切になります。