生命保険の基礎知識を知っておこう

生命保険のクーリング・オフについて

・スポンサードリンク

生命保険にも「クーリング・オフ」があります。
ここでは、この生命保険の「クーリング・オフ」の基礎知識について説明しています。
もし、あなたが生命保険の見直しを行う場合には、見直しを行なう時に、どのような時に「クーリング・オフ」に該当するのか「クーリング・オフ」の基礎知識についても学んでおくと良いでしょう。

また、ここで説明している「クーリング・オフ」の基礎知識は、一般的な内容になりますので、見直しを行なった後に、実際に契約を行なう場合には、契約先で再度確認しておく事をお勧めします。



【生命保険のクーリング・オフ】

生命保険にもクーリング・オフ制度は、もちろんあります。
ちなみに、クーリング・オフ制度とは、いったん申し込んだ生命保険を後日の決まった日数以内なら撤回できる制度です。

生命保険の場合のクーリング・オフとは、
・保険契約の申込日
・最初の保険料の領収日
のいずれか遅いほうの日からか、その日を含めて8日以内なら契約を撤回できる制度になります。クーリング・オフが可能な日数は、生命保険会社ごとによって多少の違いがあります。8日以上の日数を設けている生命保険会社もあります。
なお、契約転換などを行った場合で、保険料をお金で支払わない場合は、生命保険の申込日より8日となります。

クーリング・オフが行われた場合には、支払った保険料は全額戻ってきます。


【クーリング・オフが適応されない場合】

下記のような場合には、クーリング・オフの適用が受けられません。

・保険期間が1年以内の契約の生命保険の場合
・生命保険の契約を行うに当たり、医師による診査を受けた場合
・生命保険会社の営業所などへ出向いて契約をした場合
・個人年金などで、一時払いや振込み限定などで保険料を支払った場合には、
 クーリング・オフ対象外になる事があります。


2006年08月20日 10:03