生命保険の基礎知識を知っておこう

生命保険の「免責事由」について

・スポンサードリンク

ここでは、生命保険の支払いが行われない「免責事由」についての基礎知識について説明しています。
どのような時に支払いが行われないのかの生命保険の見直しを行なう時に、どのような時に「免責事由」に該当するか、「免責事由」の基礎知識も理解しておくと良いでしょう。

また、ここで説明している「免責事由」の基礎知識は、一般的な内容になりますので、見直しを行なった後に、実際に契約を行なう場合には、契約先で再度確認しておく事をお勧めします。



【保険金が支払われない「免責事由」】

生命保険会社は、免責事由というものを設けて、生命保険が犯罪などに悪用されたり、大災害、戦争などの例外的な事を対象に保険金を支払う必要が無くなる場合を設けています。。免責事由は、生命保険会社の約款や商法などで定められています。


【保険金が支払われないケース】

・告知義務違反
生命保険の契約時に告知した内容と事実に相違があった場合
・生命保険の解約
生命保険が解約された場合
・契約失効中
生命保険料の支払いが無く、生命保険の契約が失効している場合
・被保険者の自殺
契約してからある一定期間以内に被保険者が自殺した場合
・保険金殺人
生命保険の受取人や契約者が故意に被保険者を殺害した場合
・重大な過失
被保険者や契約者が故意ではないかと思われるくらいの過失があった場合
・犯罪
被保険者が犯罪行為をしたとき
・自然災害
地震、噴火、津波などの自然災害が原因で死亡した場合
(阪神大震災時は支払われたようです。)
・戦争など
戦争や革命などが原因で死亡した場合
・その他
無免許運転や飲酒運転により、死亡した場合にも保険金が貰えません


なお、生命保険会社によって若干取扱いが異なりますので、詳細は各生命保険会社にご確認ください。


2006年08月18日 00:02