生命保険の基礎知識を知っておこう

死亡と貯蓄に備えた生命保険とは?

・スポンサードリンク

ここでは、死亡と貯蓄に備える生命保険について説明しています。
一家の大黒柱である夫が死亡した場合に備えて、生命保険の見直しを行なう場合には、さらに貯蓄も同時に行なおうと考えている人にとって、どのような生命保険があるのかの基礎知識について説明しています。

死亡と貯蓄に備える生命保険の見直しを行なう場合には、どのような生命保険があるのかの基礎知識をここで学んで頂ければと思います。

死亡と貯蓄に備えた生命保険とは?


死亡時と貯蓄性をかねそろえた生命保険のことになります。


まず、先ほども出てきましたが死亡と貯蓄に備えた生命保険には、


  ・養老保険

  ・こども保険


などがあります。


これらの生死混合保険についてご説明いたします。


【死亡と貯蓄に備えた生命保険とは?】

死亡と貯蓄に備えた生命保険とは、

死亡保険と生存保険(貯蓄に優れた保険)を組み合わせたもので、

保険加入者が死亡した場合は、「死亡保険金」が支払われ、

満期まで生きていた場合は、「満期保険金」が支払われる生命保険です。




生死混合保険の種類


  ・養老保険

  ・こども保険


などがあります。

それでは、これらを個別に見てみます。



【養老保険】


一定の決まった期間、保険に加入し、
死亡時には、死亡保障が満期時には、満期保険金が受け取れます。

また、死亡保障と満期保険金は、同じ金額です。

養老保険は、貯蓄性は高いのですが、保障性は低いのが特徴です。



【こども保険】


子供の教育資金の準備のための保険のことです。

親が契約し、子供が加入します。

保険期間は、15歳18歳、20歳、22歳などがあり、

満期になるとまとまったお金を受け取れます。


また、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学のように

子供の進学に合わせて祝い金が受け取れるものもあります。


親が死亡した場合は、それ以後の保険料の支払いは無くなり、

その後の祝い金や満期時に支払われる保険金は契約どおり支払われます。



2006年04月04日 17:06