生命保険の基礎知識を知っておこう

生命保険の種類を知っておこう

・スポンサードリンク

ここでは、自分に合った生命保険を選ぶにあたり、まずは、生命保険の種類について述べさせていただき、生命保険とはどのようなものかの基礎知識を知っておきましょう。



生命保険を大きく分けると3つに分類されます。


  ・死亡保険(死亡に備えた生命保険)

  ・生存保険(貯蓄型の生命保険)

  ・生死混合保険(死亡と貯蓄に備えた生命保険)




このような形で生命保険は、基本的に3つに分類する事が出来ます。


生命保険は、色々とあるように見えますが、

基本的には、この3つの分類を基準に

  ・特約

を付け色々な商品にしています。

また、上記以外にも医療保険やガン保険、傷害保険など単体で契約できる

生命保険も存在します。

ここでは、この3つの基本となる生命保険、特約、それ以外の生命保険について、

おおまかな説明を行います。


さらに詳しい説明は、次のページをご参考ください。




【死亡保険】


死亡時や高度障害時に保険金が支払われる生命保険です。

このため、残された家族の生活費や葬儀代の費用に使われることが多い保険です。

死亡保険型の生命保険には、


  ・定期保険

  ・終身保険

  ・定期付終身保険


などがあります。

死亡時に備える生命保険は、出来るだけ大きな金額の保障が必要と

思われるかもしれませんが、けっして、そういう訳ではありません。

あなたのライフスタイルや家族構成などに合わせて、必要な保険金額は違ってきます。

あなたに合った保険金額を知り、適切な保障内容にする事が大切です。

死亡に備える生命保険の場合は、病気に対する保障は、特約という形で付けるのが一般的です。




【生存保険】


生存保険とは、貯蓄に優れた生命保険です。

生存保険型の生命保険には、


  ・個人年金保険

  ・貯蓄保険


などがあります。

生存保険は、保険加入者が満期まで死なないことを前提とした生命保険で

満期まで保険料を積み立てることで、満期時に保険金が支払われます。

もし、加入者が満期前に亡くなった場合は、支払った保険料と同じ額ぐらいの

お金が戻ってきます。

このため、死亡保障としては適していないので、

一般的に生存保険に、ある程度の死亡保障を組み合わせて利用されます。





【生死混合保険】



生死混合保険とは、

死亡に備えた生命保険 と 貯蓄に優れた生命保険

を組み合わせたものです


生死混合保険型の生命保険には、


  ・養老保険

  ・こども保険


などがあります。


死亡保険と生存保険を組み合わせたもので

生命保険の加入者が

  ・死亡時       : 死亡保険金
  ・満期まで生存した時 : 満期保険金

が支払われる生命保険です。






これらの


  ・死亡保険

  ・生存保険

  ・生死混合保険



が生命保険の基本となる主契約部分になります。



一般的な生命保険は、これらの3つを基本とし、

さらにオプションを付けることにより

色々な種類の生命保険の商品としています。



このオプション部分のことを

  ・特約

といいます。

特約には、

「3大疾病保障特約」、「成人病入院特約」、「ガン入院特約」

などがあります。






【上記以外の生命保険】

上記以外の生命保険には、
  
  ・ガン保険

  ・医療保険

  ・傷害保険

などがあります。


これらは、特約と違い単独での契約が可能です。

一般的にこれらにも特約を付けて契約するのが普通のようです。





では、次からは、それぞれの保険について詳しく説明していきます。

2006年04月03日 15:49