ライフプランの用語集(一覧)

遺族厚生年金(いぞくこうせいねんきん)

・スポンサードリンク




生命保険の「遺族厚生年金」についての用語説明です。



生命保険の遺族厚生年金(いぞくこうせいねんきん)とは、厚生年金に加入している人が死亡した場合に、残された家族である遺族が年金を受け取ることが出来る公的年金の制度です。

厚生年金に加入している人が死亡した場合には、今までにかけてきた厚生年金の掛け金がもったいないです。例えば、厚生年金をもらえるようになるまでに死亡してしまった場合には、本当に損をした感じになりますね。

そのような事を防ぐために、遺族厚生年金という制度があります。また、遺族厚生年金は、老後で厚生年金を貰っている人が死亡した場合にも貰うことが出来るので老後の配偶者の収入を支える手助けとなります。


具体的に遺族厚生年金が支給される条件としては、

・まだ働いている在職中で厚生年金の被保険者が死亡した場合
 具体的にはサラリーマンなど、毎月、厚生年金の掛け金を支払っている人です

・被保険者期間中の怪我や病気が原因で5年以内に死亡した場合
 具体的には在職中に病気や怪我をし、その後退職した場合ですね。

・1級または、2級の障害厚生年金受給権者が死亡した場合

・老齢厚生年金の受給権者、または、受給資格期間を満たしている人が死亡した場合
 具体的には、厚生年金に長年、掛け金をかけてきた人が定年退職したばあいですね。

と言った条件があります。これらの条件を満たした場合には、遺族厚生年金を受け取ることが出来ます。


ただし、誰でも遺族厚生年金を受け取れるという訳ではありません。
実際に、遺族年金が貰える人というのは、
・子供のいる妻
・18歳未満の子供
・子供のいない妻
・孫
・死亡当時55歳以上の夫
・父母
・祖父母
というような人が遺族厚生年金が貰える人と言う事になります。




「生命保険の用語集(あ行)」へ戻る


2013年04月23日 10:56