ライフプランの用語集(一覧)

一筆 (いっぴつ)

・スポンサードリンク



ライフプランの「一筆 (いっぴつ)」についての用語説明です。


一筆 (いっぴつ)とは、不動産登記において、土地を人為的に区分した
単位のことで、不動産登記上は、この一筆の土地をひとつの土地として扱われます。

住所にある地番は、この一筆の土地単位にわりふられています。
また、不動産登記の土地の登記簿の登記用紙は、おの一筆単位に備えられています。


また、この一筆の土地を分けることも可能です。
ひとつの一筆を2つに分けることを「分筆」と言い、地番が増えることになります。


また、複数の土地、つまり、複数の筆をひとつにまとまる事もできます。
この筆をひとつにまとめる事を「合筆」といいます。





「ライフプランの用語集:「い」で始まる用語」へ戻る



2009年03月12日 19:08