ライフプランの用語集(一覧)

一般定期借地権 (いっぱんていきしゃくちけん)

・スポンサードリンク




ライフプランの「一般定期借地権 (いっぱんていきしゃくちけん)」についての用語説明です。


一般定期借地権 (いっぱんていきしゃくちけん)とは、土地を借りる時の
契約方法のことであり、定期借地権の種類のひとつで、存続期間が50年以上の借地権
のことを言います。

例えば、存続期間が50年で契約した場合には、50年が経過して、存続期間が満了した
後は、地主に土地が変換されることになります。


一般定期借地権で契約を行なう場合には、必ず書面にて契約を行なう
必要があります。一般的には、公正証書による契約が多いが、公正証書が
必須ではありません。

一般定期借地権の場合には、土地を地主に返還する場合には、
原則として、更地で変換する必要があります。


定期借地権の種類には、一般定期借地権以外にも
・建物譲渡特約付借地権
・事業用借地権
の2つが存在します。


建物譲渡特約付借地権の場合には、一般定期借地権と比べると
存続期間が30年以上と、短くなっています。
ただし、建物譲渡特約付借地権の場合には、書面による契約は不要で、
口頭での契約でも有効になります。


事業用借地権の場合には、一般定期借地権と比べると
存続期間が10年以上、20年以下と短くなっています。

事業用借地権の場合には、「事業用」という名前がついている通り、
事業用に利用する事が原則であるが、居住用の場合に関しては利用可能です。
また、事業用と言っても、マンションや社宅などの利用は出来ないことになってます。

事業用借地権の場合には、契約を行なう場合には、必ず、公正証書による
契約を行なう必要があります。

また、事業用借地権は、一般定期借地権と同様に
原則として、更地にして返還する必要があります。





「ライフプランの用語集:「い」で始まる用語」へ戻る



2008年12月03日 12:04