ライフプランの用語集(一覧)

一時所得 (いちじしょとく)

・スポンサードリンク



ライフプランの「一時所得 (いちじしょとく)」についての用語説明です。


一時所得 (いちじしょとく)とは、所得の分類の中のひとつになります。
一時所得とは、営利を目的として継続的な行為から発生した所得以外
の所得で、また、利子所得から譲渡所得までの所得以外の所得になります。

具体的な一時所得とは、
・懸賞の賞金品
・福引の当選金品
・生命保険の保険金
・競馬の馬券の払戻金
などの一時的に取得したお金などになります。


一時所得には、税金の控除額があり、最高で50万円の控除額があります。
また、一時所得の税金の課税する金額には、

総収入金額−支出した金額−特別控除(最高50万円)

のように、総収入金額に対して、この収入を得る為に支出した金額を
差し引いて、さらに最高50万円の控除額を差し引いたものに対して、
税金が課税されます。


一時所得の課税方法は、2分の1の総合課税になります。
なお、源泉徴収される所得税の場合には、「(賞金品−50万円)×10%」
のようになります。


一時所得の中には、非課税扱いになる一時所得があります。
このような非課税の一時所得は、下記のようになります。

・宝くじの当選金
・学資に充てるための費用
・扶養義務者相互間における扶養費
・損害賠償金や損害保険金の心身や資産の損害に基因して取得するもの
・選挙活動に係る法人からの贈与で一定のもの





「ライフプランの用語集:「い」で始まる用語」へ戻る



2008年06月30日 04:09