ライフプランの用語集(一覧)

遺族厚生年金 (いぞくこうせいねんきん)

・スポンサードリンク



ライフプランの「遺族厚生年金 (いぞくこうせいねんきん)」についての用語説明です。


遺族厚生年金 (いぞくこうせいねんきん)とは、厚生年金に加入している
人が死亡した場合に、残された遺族に対して支払われる年金制度です。

ここで言う、遺族厚生年金の遺族とは、
・配偶者
・子
・父母
・孫
・祖父母
になります。

遺族基礎年金が子供、または、子供が居る妻であったのに比べると
かなりの違いがあります。遺族厚生年金は、子供が居なくても
貰う事ができます。


それぞれの遺族の条件は、下記のようになります。

配偶者とは、妻が死亡した場合には、夫の年齢が55歳以上である必要があります。
また、内縁関係の配偶者でも対象になります。
子供とは、18歳に達する年の3月31日までが対象となり、障害等級1級、2級の場合には、20歳未満となり、婚姻していない場合対象になります。


父母の場合には、死亡当時の年齢が55歳以上である必要があります。
孫とは、18歳に達する年の3月31日までが対象となり、障害等級1級、2級の場合
には、20歳未満となり、婚姻していない場合対象になります。


祖父母の場合には、死亡当時の年齢が55歳以上である必要があります。
このうように、遺族でも、遺族厚生年金を貰う場合には、条件があります。


遺族厚生年金から貰える金額は、死亡した人の報酬比例部分の年金額によって
違ってきます。




「ライフプランの用語集:「い」で始まる用語」へ戻る



2008年04月11日 01:22