ライフプランの用語集(一覧)

遺産分割 (いさんぶんかつ)

・スポンサードリンク



ライフプランの「遺産分割 (いさんぶんかつ)」についての用語説明です。


遺産分割 (いさんぶんかつ)とは、相続を受ける人が複数人いる場合に、
誰がどの遺産をどのように、どれくらい相続するかを決める事になります。

遺産分割では、まずは、相続を受ける人が複数人いる場合には、相続る遺産
は、まずは、相続を受ける人の共有のものとなります。まずは、共有のものとして、
その後、だれがどれをどのように貰うかを決める事になります。


遺産分割の方法には、
・指定分割
・協議分割
の2つがあります。

指定分割とは、死亡した人の遺言で、遺産の全て、または、一部の分割方法を弁護士などの
第三者に委託する方法です。

協議分割とは、相続を受ける人の原因で協議をして遺産を分割する方法です。
この協議分割の場合には、全員の参加と同意が必要になります。
もしも、この協議分割の内容が遺言と違う場合には、協議分割の内容が優先されます。


また、遺産分割方法の種類には、
・現物分割
・換価分割
・代償分割
の3つがあります。

現物分割は、現在ある財産をそのまま分割する方法で、長男は自宅を貰い、
次男は預貯金を貰うといったふうな感じになります。

換価分割は、相続を受ける人の相続財産の全部、または、一部を現金化して
分割する方法です。つまり、自宅を5000万円で売却して、2人で、
1人2500万円づつに分けるという方法です。

代償分割は、相続財産を貰うが、その代りに自分の財産を提供する方法です。
つまり、長男が家を相続し、次男が長男から2000万円もらう方法になります。





「ライフプランの用語集:「い」で始まる用語」へ戻る



2008年02月19日 03:25