ライフプランの用語集(一覧)

遺言 (いごん)

・スポンサードリンク



ライフプランの「遺言 (いごん)」についての用語説明です。


遺言 (いごん)とは、人が死亡した場合に、その死亡した人の
意思を現実にするための法的行為を言います。

一般的に、遺言は、自分の財産を自分が死んだ後に誰に、何を
どれだけ渡したいかの意思表示をするためのものです。


遺言とは、遺言を残した人が死亡した場合に
法的な効力を持ちます。


遺言は、15歳以上の人であれば、未成年でも作成した場合に、
法的な効力をもちます。

遺言は、複数人でひとつの遺言を作成した場合には、遺言としては、
民法上、認められていませんので、ひとりひとり別で作成しなくてはいけません。


遺言の種類には、下記のような3つの方法があります。

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言


自筆証書遺言は、全てを自筆する必要があります。ワープロなどを使用してはいけません。
自筆証書遺言の作成は、どこでも作成できるので、簡単に作成できる遺言ですが、
年月日、氏名、印鑑などが必要になります。
自筆証書遺言は、裁判所の検認が必要になります。


公正証書遺言は、本人が遺言の内容を口述して、公証人が筆記する遺言です。
公正証書遺言の作成は、公証人役場で行なうことになり、2人以上の証人が
必要になります。
公正証書遺言は、裁判所の検認が必要ありません。


秘密証書遺言は、遺言書を署名、押印して遺言を封筒にしまい、封をしておきます。
秘密証書遺言の場合には、遺言は、ワープロでも代筆でも可能です。
ただし、秘密証書遺言の作成は、公証人役場で行い、証人が2人以上必要です。
秘密証書遺言は、裁判所の検認が必要になります。




「ライフプランの用語集:「い」で始まる用語」へ戻る



2008年01月28日 07:16