ライフプランの用語集(一覧)

安定型 (あんていがた)

・スポンサードリンク


ライフプランの「安定型 (あんていがた)」についての用語説明です。


安定型 (あんていがた)とは、投資信託の運用を行なう
運用形態のひとつのことになります。


安定型の投資信託の場合には、高い利益をねらうのではなく、
安定した運用を目指すことになる為、基本的には、公社債を中心とした
運用になります。

この為、安定型の投資信託では、収益を得る方法としては、
公社債からの利子や配当から収益を得ることが中心になります。


公社債が中心の安定型の投資信託でも、株式を組み入れている
投資信託があります。株式の組み入れ率は、0%〜50%までとなっており、
同じ、安定型の投資信託でも、株式の組み入れ率が
0%の投資信託と50%の投資信託によりかなり違ってきます。


投資信託では、安定型以外にも、
・成長型
・安定成長型
などの分類もあります。


成長型の場合には、株式を中心とした運用になり、株式の組み入れ率は、
100%の投資信託もあります。

この成長型の場合には、リスクが高くなるが、リターンも大きくねらえます。


安定成長型の場合には、株式の組み入れ率が50%〜70%になっており、
株式と債権に配分されて運用されます。


このように、投資信託では、安定型、成長型、安定成長型と
どのような運用を目指すかによっても選択肢が分かれてきます。





「ライフプランの用語集:「あ」で始まる用語」へ戻る



2007年11月12日 11:54