ライフプランの用語集(一覧)

安全性 (あんぜんせい)

・スポンサードリンク



ライフプランの「安全性 (あんぜんせい)」についての用語説明です。


安全性 (あんぜんせい)とは、金融商品を購入する場合の
安全性では、下記の2つについていう事ができます。

・元本割れを起こさないか
・破綻しないか

の2つになります。


元本割れを起こさないかは、株や投資信託などで、資金を運用した場合に、
1000万円の投資をして、戻ってくるお金が、990万円のように
元本割れを起こさない金融商品になります。

投資信託や株式の場合には、手数料までも含めて安全性
見ておくことが必要になります。

また、この元本割れを起こしにくい金融商品は、安全性
高いですが、一般的に、得られるリターン(利益)も少なくなります。


破綻しないかについては、株式の場合には、株式を発行している
企業が破綻しないかになります。

もしも、持っている株式の企業が破綻した場合には、株式の価値は
ほとんど、無くなると思っていいと思います。


金融商品に投資を行なう場合には、収益をあまり期待しないで、
このようなリスクが低い、安全性が高い商品を選んだり、
安全性は低いが、高い収益をねらって投資をするなど
目的別に、投資先を選別する必要があります。





「ライフプランの用語集:「あ」で始まる用語」へ戻る



2007年10月15日 05:16