ライフプランの用語集(一覧)

ROE(アールオーイー)

・スポンサードリンク



ライフプランの「ROE(アールオーイー)」についての用語説明です。


ROE(アールオーイー)とは、株主資本利益率のことで、
「Return On Equity」の略です。

ROE(アールオーイー)とは、株主の資本を使って、企業が
いかに効率よく利益を上げているかを見ることが出来る指標です。

ここで言う、株主の資本とは、貸借対照表の資本の部分の合計額です。
企業があげている利益は、当期純利益で損益計算書にでてくる、税引き後の利益になります。


このように、ROEは、いかに企業が資本を有効に活用して
利益を出しているかを判断することができるため、

ROEが高い場合は、企業が効率的に経営を行なっていること
が分かり、ROEが低い場合には、企業の経営効率が
悪いということになります。

投資家や株主から見ると、ROEが高い企業の方が効率的な経営をしている
ということになるので、魅了的な企業であると言えます。

海外の投資家では、このROEが重視する傾向がある為、
ROEが高くすることで、海外投資家に好まれる企業といえます。


ROEの計算式は、下記のようになります。

「 ROE = 当期純利益 / 株主資本 × 100 」




「ライフプランの用語集:「A〜Z」のアルファベットで始まる用語」へ戻る



2007年06月17日 21:34