ライフプランの用語集(一覧)

RL(アールエル)

・スポンサードリンク



ライフプランの「RL(アールエル)」についての用語説明です。


RL(アールエル)とは、リスクレベルのことです。
このRL(アールエル)は、投資信託へ投資している一般の投資家向けの
投資信託のリスク情報のことです。

このRL(アールエル)は、元々、投資信託の運用会社や専門家に対して
提供されていた情報を一般投資家にも分かり易いようにして、野村総合研究所が
提供している情報です。


昔は、RR分類(リスク・リターン分類)という情報を利用されていたが、投資信託の
ディスクロージャーの見直しが2000年12月に行なわれて、RR分類
(リスク・リターン分類)が廃止になりました。

このRR分類(リスク・リターン分類)の廃止に伴い、RL(リスクレベル)が
投資信託の判断情報として利用されるようになっています。


RL(リスクレベル)の投資信託の評価方法は、「RL1」から「RL5」までの
5つの段階で評価されており、「RL1」が一番、安定性を重視しており、
「RL5」が一番リスクが大きいように設定されています。

「RL1」、「RL2」、「RL3」、「RL4」、「RL5」の定義は、
下記のようになっています。


RL1 安定性重視タイプ
元本・利回りの安定性を確保することを目的として運用されているものが
この「RL1」に該当します。
RL2 値動きの小さいタイプ
比較的にリスクが少ないタイプで、年率リスクが5%以下のものが
この「RL2」に該当します。
RL3 値動きが中程度のタイプ
比較的にリスクが中程度のタイプで、年率リスクが5%超で、15%以下の
ものが、この「RL3」に該当します。
RL4 値動きが大きいタイプ
比較的にリスクが大きいタイプで、年率リスクが15%超で、30%以下の
ものが、この「RL4」に該当します。
RL5 値動きが最も大きいタイプ
リスクが最も大きいタイプで、年率リスクが30%超のものが
この「RL5」に該当します。





「ライフプランの用語集:「A〜Z」のアルファベットで始まる用語」へ戻る



2007年06月11日 05:31