ライフプラン(人生設計)とは?

ライフプランの作成の流れ

・スポンサードリンク

ここでは、ライフプランの作成の流れを見ていきたいと思います。
どのような流れでライフプランを作成していくかを見る事でライフプランの作成を行ないやすくなります。ライフプランを作成する流れを把握してから、ライフプランの作成に取り掛かりましょう。
まずは、ライフプランの作成の流れについて説明していきます。

はじめにやるべき事は、あなたが将来に対して、
どのような夢や目標があり、どのような将来を実現させて行きたいかを
書き出す事からはじめます。
書き出す事により、あんたがどの未来がどのようになっていたいかを
はっきりと再確認する事ができます。


(1)ライフプラン(人生設計)とは?
あなたが将来に対して、
どのような夢や目標があり、どのような将来を実現させて行きたいかを明確にする必要があります。

オススメは、紙などに書き出すといいでしょう。
書き出す事は、自分でも思っている以上に、自分の考えを再確認できます。

さあ、書き出す事により、あんたがどの未来がどのようになっていたいかを
イメージしてみましょう。

例えば、就職、転職、結婚、車の購入・買い替え、マイホームの購入、海外旅行、
子供は何人、出産、子供の幼稚園、小・中・高・大学の進学などの教育費、趣味などが上げられます。



(2)目標・計画/ライフイベントの確認
  ライフイベントとは、あなたが生活していくうえでの大きく生活が変わる出来事の事です。
具体的には、就職、結婚、住宅の購入、子供の学校への進学、定年退職などがあげられます。
このような大きな生活が変わる出来事は、もちろんのこと、海外旅行や車の購入、子供の幼稚園、小・中・高・大学進学なども大きなお金が必要になる事もライフイベント表に記入しておくと、いつお金が必要になるかをはっきりと確認できるので、いいでしょう。

ライフイベントの確認では、ライフイベント表を使い行います。
 ライフイベント表を使い、実際に表にする事により、あなたがどのような人生を歩んで生きたいかをはっきりと見る事ができるようになります。



(3)現状のキャッシュフロー(お金の流れ)の確認
 あなたの将来像がはっきりしたところで、
お金の面から見たライフプランの作成を行うにあたり、現状の家計を確認していきます。
現在の家計の収入面、支出面を確認します。

 ・収入
    給料
    年金
    一時的収入
 ・支出
   基本的な生活費用
    住居費
    社会保険料
    保険(生命保険・自動車保険など)
    ローン(住宅ローンなど)
    車の購入費用
    結婚資金



(4)ライフイベントを達成する為のマネープランの確認
 将来、生活していくのにどれくらいのお金が必要か分かったところで、
将来起こる、結婚、住宅購入、定年退職などのライフイベントを
当てはめていき、お金の流れをはっきりとさせます。



(5)将来のキャッシュフローの予測を行う
 現状のキャッシュフローを使い、
将来、生活して行くに当たり、どれくらいお金が必要かを確認していきます。



(6)問題点の分析
 将来、どれくらいお金が必要か分かったところで、
もし、お金が足りない時にどのような点、どのような事で
お金が足りなくなっているかを確認します。



(7)解決策を探る
 あなたが目指す、将来の夢、目標、計画が実現が難しい
問題点が分かったところで、実際にどのような点を見直す事が出来るかを見ていきます。



(8)定期的な見直し
 ライフプランの作成は、定期的に見直す必要があります。


2006年03月28日 15:37